七五三のやり方!写真撮影や食事会・参拝でのたしなみポイントとは?

269257

七五三と言えば、子供が綺麗な着物を着て
神社へ参拝してお食事・写真撮影すればいいんでしょ???

と、ただなんとなくやっている方はいらっしゃいませんか?

本来の七五三の意味や由来を知って、
神社でどのようなことをすれば縁起がいいのか、
どのような食事をすれば縁起がいいのか。

知っているのと知らないのでは七五三をやる意義が違ってくると思います。

そこで今回は七五三とはどういったものなのか、
またやり方を順を追ってご説明いたします。
ポイントをおさえてたしなみ美人になりましょう。

スポンサーリンク

七五三のやり方!最近の傾向は??

七五三では

➀写真館での撮影
➁参拝
➂お食事会

などを楽しむことが主流になっていますよね。
でもこれを1日で済ませようとすると結構大変です。

5歳、7歳ならばまだしも3歳の子供が1日中じ~っとしていることは
かなり稀なことですので、
写真撮影だけ事前に済ませておくというやり方で
日程を分けられている方も多いです。

しかし、遠方から祖父母が来るなどの理由で
どうしても1日で済ませたい!という方々のニーズも多く、

写真、参拝、お食事が全部1か所で済むホテルなどが最近人気の傾向だそうです。
ホテルや結婚式場などの冠婚葬祭を扱う会場では
七五三パックを売り出しているところもたくさんありますので、
是非チェックしてみてください。

七五三の由来や意味

七五三の意味や由来をご存知でしょうか?
子供の成長を祝うとても大切で嬉しい行事の一つです。

武家の子供たちが華やかな晴れ着を着てお祝いしているのを見た呉服屋さんが
庶民にもこの行事を広めれば、豪華な晴れ着がたくさん売れると目論んだのが由来
だそう。

晴れ着を買うのはとても高かったのですが、(当時の金額で50万円程度)
当時は病気で子供を亡くすことも多かったので、
子供の無事な成長を親は喜び晴れ着を買ったそうです。

成人式のようですね。

そして現在では定番となった千歳飴。
これは子供が食べるお菓子だと思っていませんか?

本来の千歳あめの意味や目的としては、
お祝いをくださった方々へのお返しとして配るもの
だったのです。

長寿を願う縁起物。
乳幼児の死亡率が高かったので、7歳までは魂が定まらないからいつ亡くなってもおかしくない。
長寿を意味する千歳あめで幸せのおすそ分けができ、あげたお相手の長寿も願えるので
大変喜ばれていました。

スポンサーリンク

七五三の参拝でのたしなみは?

七五三では神社へ行き参拝をしますが、
ただ、参拝をするだけで終わってしまう方が非常に多いのが現状です。

知らない=気がづかない

ということも多いのだとは思いますが、
碁盤が置いてあるのを見たことがありますか?

実はこの碁盤は七五三でとても大切な意味や由来があるんです。

もちろんこれは「囲碁」をしてください!という意味でおいているわけではなく、
碁盤の上にのぼってください!

という意味で置いてあります。

碁盤から飛び降りることで、
立派な勝負運の強い子に育つと言われています。

知らないと
「なんでこんなところに?邪魔だな~」ぐらいにしか思わないですよね。

この記事を読んでくださった方は、
是非碁盤を目にしたら上って飛び降りて遊ばせてあげてくださいね。
(注)何度もやって独り占めをするようなことはご遠慮ください)

七五三の食事会でのたしなみは?

七五三で食べるお食事にも由来や意味があります。

男の子のお祝い膳でのお椀では何を食べるといいのでしょうか。
長寿を表すエビでもなく、
イワシでもなく・・・・・

鶏肉のつみれ汁

です!

江戸時代に男の子が強く羽ばたくようにという意味
鶴やカモの肉をつみれにして頂くのが椀物として相応しいとされていました。

これからいろんな世界へ羽ばたく男の子、かっこいいですね!

ちなみに女の子は?

ハマグリのお椀

になります。

七五三の食事会で縁起のいいお食事メニュー

タイの塩焼
赤飯
千歳あめ
椀物

です。

縁起の良いものとしては、

扇子

千歳あめ
鶴亀
6個のひょうたん(無病息災)
柿(喜び来る)
ほうき【災難を払い去って、福をかき集める)
お参り後の晴れ着(神様への感謝の気持ちを込めて飾る)

用意ができそうであれば、これらの縁起物は用意をして七五三をお祝いしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

日々子供が成長することをお祝いできるのは、
この上ない喜びを感じることと思います。

医学の進歩によって病気が比較的治りやすくなったとはいえ、
子供が元気に成長してくれることは感謝と幸せでいっぱいですよね。

そんな喜びを家族みんなで噛みしめながら
思い出深い七五三をお過ごしください。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る