絞扼性イレウスって?子供がかかる原因と症状について。

19b28e92f357bc3ed27c9284f86cdda8_s

4月20日午前6時23分に
俳優のオダギリジョーさんと女優の香椎由宇さんの次男が
絞扼(こうやく)性イレウスという病気でお亡くなりになったそうです。

次男くんはまだ1歳になったばかりの可愛い盛り。
こんな小さな子供の命を奪ってしまった聞き慣れない
絞扼(こうやく)性イレウスという病気は
いったいどんな病気なんでしょうか?

子供に限らず大人もかかる病気です。

その原因と症状や治療法などについて調べてみました。

スポンサーリンク

絞扼性イレウスとは?原因と症状を見てみよう

絞扼性(こうやくせい)イレウスとは・・・・

別名「腸閉塞」と言われているので、こちらの方が聞き慣れている病名ですが、

絞扼性(こうやくせい)の締め付けと腸の運動障害が起こることによって、
正常に消化管が活動できない状態
にあるということだそう。

わかりやすく言うと、
何かしらの異常により腸がねじれたことにより、
上手に血液や食べ物・飲み物等が運ばれない。
その結果体の中の食べ物等が腐敗してしまい、
最終的に「腸内が腐敗してしまう」という状態になることだそうです。

なんとも恐ろしい病気ですね。

絞扼性イレウスが起こる原因としてはさまざまで、
腸の外側に原因がある場合と、
腸の内側が原因の場合と2パターンあるそうです。

【主な原因】
● 腸管の炎症や開腹手術の後などに起こる癒着
● 腸の炎症性病変や、腫瘍(大腸がんなど)によって起こる腸管の狭窄
● 異物を誤飲したり、糸こんにゃくなど不消化性食物の大量の摂取

など。

病気は
主にCTや超音波検査などの検査で発見することができます。

スポンサーリンク

絞扼性イレウスの症状としては、
お腹に激しい痛み
が襲います。

頻脈、発熱、尿量・排便の減少に加え、
腹部が大きく膨れ上がったり、
嘔吐したりというような症状があるのですが、

軽度であれば「食事をとらない」といったような
内科的な治療で済むようです。

重度の絞扼性イレウスだった場合、
これを放置してしまうと腸が壊死してしまい、
細菌の温床となり敗血症
を起こします。

敗血症になってしまったら100%死亡してしまうので
早期に絞扼性イレウスと診断・手術をしてもらわなければいけません。

時間が勝負になります。

もし診断が早ければ、
締まってしまった腸の部分だけを切除するだけで治りますし、
敗血症になっていないのであれば、
壊死していたとしてもその部分だけを切除すれば助かります。

大変残念ではありますが、
オダギリジョーさんと香椎由宇さんの子供は、
敗血症になってしまったのでしょう。

絞扼性イレウスにかかった子供の症状

ca04a31470f09905126307f610ce3cea_s

通常大人がなる絞扼性イレウスですが、
オダギリジョーさんと香椎由宇さんの子供のように
赤ちゃんでもかかるケースはあります。
(大変稀だとは言われていますが・・・・)

赤ちゃんの場合、
自分で症状を訴えることができない分、
大人がしっかりと見極めてあげないといけません。

症状として嘔吐が挙げられましたが、
胃液がでてくるような酸っぱい嘔吐だったり、
胆汁の場合はかなり注意が必要
になります。

排便も減少してくるのが症状の1つですが、
便の色がクリーム色、薄い緑だった場合は
絞扼性イレウス以外にも胆道閉鎖症・シトリン欠損症など
といった別の病気の疑いもありますので
すぐに病院へ行ってください。

ミルクを頻繁に吐いたり、泣きやまなかったり。
いろんなアクションで訴えてくれるはずです。

様子を見よう!では命取りになることもありますので、
おかしいな???と感じたらすぐに病院へ行くことをお勧めします。

まとめ

私の息子は生後2週間ほどして便の色が薄緑色~クリーム色
になり、出産した病院へ行って黄疸チェックをして頂いたのですが、
「そんなに気にしなくていいでしょう」と言われ終わってしまいました。

しかし、便の色が悪いのに血液検査もしない状態で納得できなかったので
紹介状を無理やり書いてもらい「成育医療センター」へ。

検査の結果、ビリルビン値が高く(黄疸の値)即入院となりました。

今は元気にしていますが、やはり少しでもおかしいと思った時の
ママの行動で随分変わってくると思います。

先生が不親切だったり納得いく診断が得られなかったら
迷わず行動してくださいね!

何かあってからでは一生後悔しますから、それだけは避けましょう!!!

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る