子供の日焼け止めの落とし方を伝授!かぶれを防いで綺麗なお肌を保つ方法!

5f9a0c47d87f865b1bc83ff85001a314_s

新しい日焼け止めを塗っているし、真夏の日焼け対策はもう万全!

でも、ちょっと待ってください。帰ったらしっかり落としていますか?
実は日焼けによるトラブルだけでなく、
日焼け止めを落とさなかったことによるかぶれも多くみられています。

是非これを気にお子さまだけでなく、
ご自身もしっかり落とせているか確認して、
日焼け知らず、かぶれ知らずになる夏にしましょう。

スポンサーリンク

子供の日焼けについて

『子供の皮膚ってこんなに弱い』

すべすべで触り心地の良い子供の肌は、実は大人の半分しかないのです。
とてもデリケートでちょっとした刺激でも影響を受けやすいのです。

さらに、皮脂の分泌量が不安定なので、バリア機能も安定せず、
ちょっとした刺激で炎症を起こしがちです。
おむつを交換する時、おしりを強くふき過ぎておしりが
赤くなってしまったという経験がある人もいるのではないのでしょうか。

紫外線の影響ももちろん強く受けます。
日焼けをしたことによって赤くなったり、ひりひりするだけだと、
冷やしたり薬を塗ったりすることで直ぐに改善することもありますが、
ひどくなると水ぶくれになってしまいます。

なので、日焼け対策はしっかりしたいですね。

『日焼けって害しかないの?』

以前は小さい頃から日光浴をしましょうといわれていましたが、
今は外気浴という言葉に変わっています。
直接光を浴びるのではなく、光に触れる程度にするようになったのです。
これは、紫外線が子供に与えるメリットより
デメリットの方が多いということがわかってきたからです。

しかし、紫外線が体に悪いだけというわけではありません。

紫外線は体内では作ることが困難なビタミンDの形成を促してくれます。
ビタミンDは骨を丈夫にしたり、消化器官の働きを上げたり、
免疫力を上げてくれたりします。
また気分転換にもなり、ポジティブになります。
また、日本人は慢性的にビタミンDが不足しがちです。

このようにメリットも必ずあるのですが、
直接浴び過ぎると危険なのです。
帽子などで日差しを避けたり、日焼け止めを塗ったりと対策が必要となってくるのです。

『WHOも訴える紫外線が子供の皮膚に与えてしまう悪い影響』

世界保健機構(WHO)は子供の紫外線対策の必要性に関して以下のように訴えています。

1. 子供時代は細胞分裂も激しく、成長が盛んな時期であり、大人よりも環境に対して敏感です。
2. 子供時代(18歳未満)の日焼けは後年の皮膚がんや眼のダメージ(とくに白内障)発症のリスクを高めます。
3. 生涯に浴びる紫外線量の大半は18歳までに浴びます。
4. 紫外線被ばくは、免疫系の機能低下を引き起こします。
5. 子供たちは室外で過ごす時間が多いため、太陽光を浴びる機会が多いです。
つまり、大人より子供の方が紫外線による影響を受けているのです。

子供の日焼け止めでかぶれる理由

459bc73d05522456c1b9838896edd7e8_s

『日焼け止めのメリット』

ここまで、日焼けが及ぼす影響を書いてきましたが、
日焼け止めを子供に塗ることにメリットはあるのでしょうか。

子供は予想外の動きをします。
日陰で遊んでいても日向に出たくなってしまうし、
せっかく帽子をかぶせていても動き回って取ってしまうし。
そんな時に日焼け止めが有効になってきます。

その時に日焼けしてしまうことだけならまだしも、
子供のこれからの皮膚がんになるリスクを考えたらしっかり対策をしてあげたくなります。

『日焼け止めを落とさなかったら、こんなことが起きちゃいます』

日焼け止めを塗ったまま落とさなかった場合、
そのまま肌に日焼け止めの成分がのこってしまいます。

その結果、毛穴に成分が入り込んでしまい皮脂が分泌できなくなります。
皮脂が分泌できないとかぶれの元になったり、皮膚の老化の原因になったり、
しみやしわができたりします。いいことは全くありません。

子供の肌はただでさえ乾燥しているのに
日焼け止めが残った状態では保湿剤を塗布しても
肌に浸透しないためさらに乾燥が悪化。

乾燥すると肌が痒くなるのでかきむしり
色素沈着したりアトピーやとびひの原因
にもなります。

日焼け止めはしっかりと塗布すべきですが、
落とすことも同じくらい重要ですので忘れないでください。

スポンサーリンク

肌に優しい子供の日焼け止めはコレ!

『どの成分が悪いの?選ぶ時の基準』

毒性の強い成分は以下のものです。

・合成界面活性剤
・合成ポリマー
・毒性添加物(紫外線吸収剤、防腐剤など)

大人には大丈夫であっても、子供の皮膚にはダメージをあたえてしまいます。
これらの物が入っていないものを選びましょう。

一番良いものは、成分がシンプルなものや天然素材を使ったものです。
成分が低いもので本当に防げるか心配な方は、こまめに塗りなおしましょう。
子供の汗の量は大人の倍以上です。
こまめに塗りなおすことでより大きな効果を期待できます。

『子供に使える日焼け止めを紹介』

・パックスナチュロン UVクリーム(日焼け止め) (SPF15/PA++)
合成界面活性剤を使っていない日焼け止めです。
また成分もシンプルなので安心して使えます。子供はもちろん、大人にも使えます。

パックスナチュロン UVクリーム 45g/パックスナチュロン/日焼け止め...

パックスナチュロン UVクリーム 45g/パックスナチュロン/日焼け止め…
価格:617円(税込、送料別)

パックスベビー UVクリーム (SPF17/PA+)
こちらは天然のマカダミアナッツ油が入っているので、
安全かつ保湿性に優れています。乾燥が気になるお子さんにおすすめです。

パックスベビー UVクリーム 30g/パックスベビー/ベビーUVクリーム...

パックスベビー UVクリーム 30g/パックスベビー/ベビーUVクリーム…
価格:536円(税込、送料別)

・ビオソリス サンプロテクションミルク キッズ50+ (SPF50+ PA++++)
オーガニックのアロエベラエキスを使用して、
保湿効果も期待できます。ウォータープルーフなので、水遊びをする際にも使えます。

ビオソリス サンプロテクションミルク キッズ50+ SPF50+ PA++++ ...

ビオソリス サンプロテクションミルク キッズ50+ SPF50+ PA++++ …
価格:2,916円(税込、送料込)

日焼け止めの成分は良くても子供との相性やアレルギー問題もあったりするので、
必ずパッチテストをしてから使いましょう。

供の日焼け止めの上手な落とし方とは?

9fd594f2431d391093dac426cc858733_s

『嫌がる子供を上手に洗う方法』

日焼け止めの落とし方が甘いとかぶれの原因に繋がりかねません。
ましてや、大暴れして嫌がる子供相手には一苦労です。
しっかり落とせているか不安な方にいくつかアドバイスを紹介します。

まず、日焼け止めを落とすタイミングですが、帰宅直後が一番良いです。
子供用品を扱うお店などで
「子供専用の日焼け止め落としクレンジングシート」が売られています。

帰宅してからすぐでも、
拭くだけでさっと済ますことのできるクレンジングシートを活用してみましょう。

出来れば子供用のクレンジングを使いたいところです。
暴れる可能性があるので目に入らないように気を付けましょう。

最近の子供用の日焼け止めは、石鹸でも簡単に落ちるようになっています。
ごしごしするのではなく、しっかり泡立ててなぞるように洗い流しましょう。

『最低限は押さえておきたい大事なポイント』

それでも嫌がるお子さんもいるかもしれないので、
最低限のポイントだけでも抑えておきましょう。
日焼け止めは温かいお湯で溶けやすいのです。

なので、夏場はシャワーだけで済ませがちですが、必ず湯船に入りましょう。
可能であれば、少し高めの温度に設定します。

顔を洗うことを嫌がってしっかり洗えてないようなら温かいタオルで拭きます。
基本的かもしれませんが、洗い終わったらお子さんを褒めてあげ、
「またお外で遊ぼうね」と声をかけると良いでしょう。

嫌がる原因はママやパパに構ってほしいからということあります。
子どもの心理をくみ取って、
できるだけ楽しい気持ちでいられるようになるように心がけましょう。

まとめ

今回は子供の日焼け止めを落とす大切さや上手な落とし方をまとめました。

日焼けによるかぶれも心配ですが、
日焼け止めから引き起こされるかぶれも心配になります。

しっかり紫外線予防をし、日焼け止めの落とし方を覚えて、
心配要素を減らし、お子さんと思いっきり楽しくお外で遊びましょう。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る