七草とは?それぞれの種類の意味や由来・効果を学ぼう!

d6dafc19e2c72e252c75e578ad77a796_s

日本には、
お正月を過ぎてから七草粥を食べる風習があるのは広く知られていますが、
七草やその意味を正しく知る人は意外に少ないのではないでしょうか?

七草粥にも入れる春の七草について、

その由来や意味、七草の種類、
またそれを食べることでどのような効果があるのか?

七草を自然に生えているものを採取してみたい方のために、生息しやすい場所などもご紹介します。

スポンサーリンク

七草とは?由来を知ろう!

日本にはその昔から春の七草を七草粥にして、1月7日に食べる風習があります。

歴史は古く古代より、
年の初めに雪の中から芽を出した草を摘む「若菜摘み」という風習が七草の原点とされています。

中国に伝わる羹(あつもの)というとろみのある野菜の入った汁物が日本に伝わり、
それが日本の文化と合わさって七草を食べる習慣が根付いたと言われています。

七草の始まりは諸説あって、地方によっても違うのですが、
1362年ごろに書かれた「河海抄(かいしょう)」という源氏物語の注釈書に七草のことが記されています。

その後、江戸時代頃には七草の習慣は武士や庶民にも定着していきました。

江戸幕府では公式行事として将軍をはじめ武士たちが集い七草の儀礼を行っていました。

五節句の一つである、人日(尽日)の節句にあたる1月7日に七草粥を食べることで邪気を祓い、
一年の間の無病息災と五穀豊穣を祈ります。

七草という呼び方以外に、七草の節句や七草の祝いなどとも呼ばれています。

現代ではお正月にごちそうを食べすぎ疲れた胃腸を休めるという意味合いもあり
七草粥の食べる習慣は全国に根付いています。

七草の種類

b707eafabf485c7290d36f693a69f6a9_s
春の七草は、どのような種類があるのか?

何となく知っていても7種類すべて言える方は意外に少ないのではないでしょうか?

覚えやすい「五・七・五・七・七」の和歌調で覚えておきましょう。

「せり なずな、おぎょう はこべら、ほとけのざ、すずな すずしろ、これぞ七草」

これで名前は大丈夫ですね。
お子さんにも小さいうちから早口言葉のようにして教えておくといいですね。

では一つずつどのような植物なのかをみていきましょう。

・セリ
セリ科の植物で若菜は香りがとても良くて、おひたしにしても美味しいです。
七草以外にも鍋物に入れる青物としても食べられることが多いです。

・ナズナ
別名をペンペングサとも言います。
冬の間は貴重な野菜として、若い苗を食用とします。
江戸時代にはこのナズナが江戸では小松菜に、関西ではナズナにカブを加えて七草粥に入れられていたようです。

・オギョウ
オギョウとはハハコグサのこと。オギョウはゴギョウ、ハハコグサはホウコグサとも言う。

・ハコベラ
ハコベのことで昔は、ハクベラとも言われていた。
お浸しなどにして食べるほかは小鳥の野菜のエサとしても使われます。

・ホトケノザ
現在の赤紫色の花をつけるものではなく、タビラコという植物の事で、
食用にされるのは、コオニタビラコです。

・スズナ
カブのことを指します。

・スズシロ
大根のことを指します。

七草の意味

春の七草には一つ一つに意味が込められています。

☆七草の意味
セリ      相手に競り勝つ
ナズナ    撫でて汚れを取り除く
オギョウ   仏様の体
ハコベラ   繁栄がはびこる
ホトケノザ  仏の安座
スズナ    神様を呼ぶ鈴
スズシロ   汚れのない清白

お正月に食べるおせち料理にもそれぞれ意味が込められているのと同じように、
七草にもこのような意味が込められています。

★神や仏のご加護を受け、
★相手に競り勝ち、
★その一年を健康に暮らせるようにと願った

古代の人々の想いが込められているのです。

お正月を過ぎていよいよ本番を迎える受験生には是非食べさせてあげたいですね。

七草の効果

春の七草は日本のハーブとも言われ、
体にいい成分を含んでいて健康効果を期待できます。
主な七草の効能をご紹介します。

セリ
セリには鉄分が多く含まれていて、増血作用が期待できるので貧血気味の方にお勧めです。
この他にも解熱作用や胃を丈夫にしたり、血圧下げる効果もあります。
ナズナ
熱を下げる効果があります。また尿の出をよくする作用もあります。
他にも解毒作用や胃腸障害やむくみにも効果があります。
オギョウ
咳や痰に効果があり、喉の痛みも和らげてくれます。
ハコベラ
タンパク質が豊富でミネラルやその他の栄養も豊富なので、
昔から腹痛に効く薬草として親しまれています。まさに日本のハーブですね。
ホトケノザ
胃を健康にして食欲を増進させます。歯の痛みにも効果があります。
スズナ・スズシロ
カブと大根で、その中に含まれるジアスターゼが消化を促進します。

お正月で疲れた胃腸には是非お勧めしたいです。
スズナにはしもやけやそばかすにも効くとされ、スズシロには美肌効果もあるようです。

他にもどれにもビタミンがたっぷりと含まれているので、

特にお正月は野菜不足で胃腸も弱っている状態なので、
滋養豊かな七草は身体の調子を整えるのにちょうど良いのです。

これぞまさに古来からの人々の知恵ですね。

スポンサーリンク

七草の採取場所

95c4ea69d8e78fcc244ef9bee58d4a54_s

最近では春の七草はお正月を過ぎると
スーパーに7種類揃ったものがパック詰めされて並んでいたり、
フリーズドライした手軽なものもありますが、

どうせなら、自分で採りに行ってみてはどうでしょうか?

小さなお子様がおられるお宅なら、お散歩がてらに採りに行くのもよさそうですね。

7種類すべてそろえるのは大変かもしれませんが、探してみるのはとても楽しいと思いますよ💛

・セリ
んぼの畦などの水分の多い土地に生えています。
茎を横に伸ばして増えていきますが
食用にするのはそこから伸びた新芽を摘むようにしましょう。

・ナズナ
ペンペングサとも呼ばれている草で、田畑や道端などで見つけられます。
若い芽を摘むようにしましょう。

・オギョウ(ハハコグサ)
花がつくと黄色い花が咲きます。
道端や田畑、広場などにもよく生えています。

・ハコベラ
肥沃な畑や道端で生えている草です。
若い芽を摘みましょう。

・ホトケノザ(タビラコ)
日当りのいい田んぼや休耕田などに生えています。
シソ科オドリコソウ属のホトケノザではないので間違えないようにしましょう。
図鑑などで調べる場合はタビラコで調べるとすぐ見つかります。

・スズナ・スズシロ
これはカブと大根なので、スーパーで購入しましょう。
地場産のものがあれば、より新鮮で自然に近いものになりますね。

七草粥の作り方

こんな素敵な七草セットを見つけました!↓

お歳暮・お年賀に・ご家族の健康を願って春の七草正月に『春の七草』寄せ植え  七草 お正月に...

お歳暮・お年賀に・ご家族の健康を願って春の七草正月に『春の七草』寄せ植え  七草 お正月に…
価格:2,600円(税込、送料別)









お歳暮やお年賀に最適な寄せ植えですね!
これを玄関に飾ったりしたらとても素敵だな~と早速義理の母へ送る手配をした私です^-^

さて、余談はさておき、
採取して来たら…是非七草粥を作りましょう。

☆七草粥の作り方(4人分)
① 七草を道端や田畑で取ってきたら、まずしっかりと流水で洗いましょう。
  スズナ・スズシロは株の部分と葉の部分を分けておきます。
② たっぷりの熱湯を用意して、塩を小さじ1ほど入れてサッと茹でましょう。
  茹でたらすぐに水洗いして、水分を取っておきます。
③ 米1カップを洗い、鍋に水またはだし汁(5カップ)と一緒に入れて、スズナ・スズシロの
  株の部分を細かくみじん切りに刻んで入れます。
④ 初めは強火、沸騰したら弱火にして40分炊きます。この時、吹きこぼれないように
  鍋のふたはずらしておきましょう。
⑤ 茹でた七草を細かく刻んでおきます。
⑥ おかゆが炊き上がったら、塩を小さじ1/2と刻んだ七草を入れて10分ほど蒸らしてサッと混ぜます。
  これで七草粥の出来上がりです。

塩の量はお好みで味を見て調節してください。

★水ではなくだし汁を使う場合は塩は控えめにするとあっさりと仕上がります。

まとめ

お正月に味の濃いものや脂っこいものが続いていた後のあっさりとした七草粥は、
体に染みわたって本当に美味しいと感じるはずです。

日本人で良かったと思う瞬間ではないでしょうか?

とても理にかなったこの文化を、ぜひ実践して子供の世代にも語り継いでいきたいですね。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る