新年会忘年会の断り方!職場や取引先に印象良くする模範解答はコレ!

61b27463142fcf60312916d22bfce4b9_s

年の瀬が近づいて新しい年を迎えるこの時期、忘年会や新年会がたくさん行われています。

仕事上のお付き合いであったり、職場のものであったり、
主婦の間でもママ友同士での会などありますが、

その予定も週末にはたくさん続いて、身体が持たないということがあったり、
それでも楽しい会になりそうならまだしも、そうではない場合だったり。

お付き合いもありますが、あまり無理をするのも考えものです。

そこで、職場や取引先、ママ友などに印象良くするために、
上手な断り方をご紹介します。

スポンサーリンク
新年会や忘年会を印象良く断りたい

せっかく誘ってもらった新年会や忘年会であったとしても、

どうしても予定が合わなかったり、体調が悪かったり、
それ以外の理由も色々とあって参加するのをためらわれる時、出来れば印象良く断りたいものです。

その後の人間関係にも影響するので、あとを引かないように、スマートに断りたいですね。

職場での場合や、仕事上のお付き合いのある方との場合、

子供を通じて仲良くしているママ友の場合など、

それぞれのシーンに応じて印象良くして断る方法について、みていきましょう。

新年会忘年会の上手な断り方~職場編~

8623fa7d57c6e123b913e38917ca4dfb_s

職場の新年会忘年会の場合、
その席では会社の社員のほぼ全員が参加することでしょう。

お酒が入るとはいえ、会社の一年の締めくくりのような、
社長をはじめとする代表の方々の挨拶(こういうのはたいてい長くなりますよね)や一年間の会社の業務の報告があったり、
またその反省であったり、楽しいばかりの席ではないことも多いようです。

行くのが億劫になるという方も多いと思います。

そこで、その後の業務に差し支えないような言い訳を付けて何とか欠席したくなるのですが…
どんな断り方がいいのか見ていきましょう。

♪ちょっと大変例♪
➀忘年会の日に有給休暇をとってしまう・・・・
例えば、それで旅行に行ったとしたら、お土産が必要になったりするのでその配慮も必要になります。

➁法事がある・・・
という理由もありがちですが、
これについてはそう何度も使える手ではないので、考えなければなりませんし、
お葬式が出来たなどという理由も、あまり心地よいものではありませんね。

♪上手な断り方♪
家族が病気になったから…
というのが一番無難でいいのではないでしょうか?

妻帯者:奥さんが病気になったので子供の面倒を見なければならない・・・・など。
未婚の方:家族が具合が悪く、代わりにしなければならない用事がある・・・・など。

・模範解答
「忘年会にお誘いいただいて今日をとても楽しみにしていたのですが、妻が昨夜から具合が悪くなり、
今日は帰宅して子供の世話をしなければならなくなりました。
直前になってしまって大変申し訳ないのですが、今日の忘年会は欠席をさせてください。」

このような断り方ならスマートに相手を傷つけることなく断れるのではないでしょうか?

新年会忘年会の上手な断り方~取引先編~

e1f182f5810318bc7204c800b8f68d18_s

仕事で現在付き合いのある、
または今後付き合いがあるであろう取引先の方との新年会や忘年会の場合、

即仕事につながることが多いので、

出来ればこれも仕事と割り切って参加する方がいい場合が多いのではないでしょうか。

営業職の方などはこの場合に該当することも多いと思います。

それでもどうしても行けない(行きたくない)場合は断らなければなりません。

相手の気を損なわないよう上手に断るには、
『誘ってもらってとても嬉しいので本当は行きたいのだけれど、どうしても行けなくて残念』
という気持ちを前面に出して断るようにしましょう。

理由としては、自分の体の具合がというのが妥当かもしれません。

・模範解答
「せっかくお誘いいただき、とてもうれしく思うのですが、今胃腸の具合が悪く通院中で医者からお酒を止められています。
○○さんとのお酒の席はとても楽しいので是非とも参加させていただきたのですが、
参加するとついついたくさん飲んでしまいそうなので今回はとても心苦しいのですが、欠席をさせていただけないでしょうか?
また次にこのような機会があれば、是非ともご一緒したいのでお誘いいただければ嬉しいです。」

このような断り方なら今後につなげることもできるのでお勧めです。

スポンサーリンク

新年会忘年会の上手な断り方~ママ友編~

クリスマスディナー

日頃から子供を通じてのお付き合いのあるママ友の間での新年会や忘年会、
これも傍から見ると楽しそうに見えていても、

実は同じ年代の子供を持つ親同士のいろんな思いが交錯する場であり、
メンバーによっては行くのが憂鬱になることも少なくないのです。

先ほどの、会社や取引先の新年会や忘年会とは違って、
普段のプライベートな生活の場に近いママ友の場合は、うかつに下手な理由で断るとあとで大変なことになりかねません。

慎重に理由を考えて断る必要があります。

♪NG例♪
子供をはじめとする家族が具合が悪くなった・・・

この理由は、子供を通じてばれてしまう危険性が高いです。
子供に嘘を強要するのも良くないことなのでやめておきましょう。

♪ちょっと大変例♪
旅行の予定があるという理由にする・・・

本当に旅行に行ってしまうという手もありますが、
そうはいかないこともあるでしょう。
この理由で断るなら、お土産も必要になりますしあまりいい理由にはならないかもしれませんね。
♪上手な断り方♪
実家の予定があり、行けない・・・

という理由はどうでしょうか?

この場合は、実家がすぐ近く、もしくは実家に住んでいる方には使えませんが、
少し遠いところに実家がある方には使える方法ではないでしょうか?

・模範解答
「せっかく誘ってもらったのですが、その日は実家で曽祖父の法事があって家族全員で実家に帰らなければなりません。
皆さんとの楽しい時間が持てなくてとても残念なのですが今回は欠席させてください。」

こういう理由で断るなら、その日は家族で実家に帰るか、どこかに出掛けるか
家を留守にする必要があるので、そこはきちんとしておきましょう。

実家が近くにあったり実家に住んでいる方は、やはり自分の体の理由で断るのが一番無難ではないでしょうか?

しかし断るからには、具合が悪いのですからその日は絶対に出歩かないで、家にいないといけませんね。

先ほどの取引先のところで述べたように、
自分の身体の中でも胃腸系の病気や具合が良くないという理由なら、
一番納得しやすい
理由ですし、
外にも出歩けますから上手な断り方になりますね!

まとめ

一人の大人として、仕事上や友人関係などの人間関係を円満に進めるためには、
ある程度のお付き合いは必要になりますが、

年末年始は新年会や忘年会など、
たくさんあるとお財布も厳しくなることもあり、
楽しくないものならできれば避けたいと思うのは自然なことだと思います。

日本人の気質からか、誘いを断ることが悪いことという考えがあり、
相手の気持ちを傷つけないように断ることに四苦八苦するのですが、

相手の気持ちを推し量って気配りをする日本人のいいところでもあります。

周りの人々と気持ちよくお付き合いするためのマナーなので
少し億劫にはなりますがスマートに断れるようになりたいですね。

しかし、あまり断りすぎてもよくないので毎年行かないというのではなく、
時折断るという程度にしておきましょう。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る