ひな祭りのつるし飾りの作り方!手作りでつるし雛を作ろう!

d0072726_19425797

もうすぐひな祭りですね。

ひな祭りの飾りは、ひな人形だけでなく、
つるし雛だったり、
タペストリーだったり、
編みぐるみなど、さまざまな種類があります。

つるし雛は大きさや長さがたくさんあり、
台付きのつるし飾りだったり、1メートル以上の長いつるすタイプや、小さい床置きタイプなど置く場所に合ったつるし飾りの大きさが選べます。

そこで今回はひな祭りのつるし飾りの作り方をご紹介いたします。

手作りでつるし雛を作りましょう!

スポンサーリンク

ひな祭りのつるし飾り

ひな祭りのつるし雛の人形にはそれぞれ由来があります。

そもそも、つるし雛が飾られるようになったのは江戸時代のことです。

その頃のひな人形は特別裕福でなければ、
なかなか手に入らないものでしたので、

お母さんやおばあちゃん、
近所の方が生まれてきた赤ちゃんのために小さな人形を作って、
持ち寄ってつるし、飾ったのがつるし雛の始まりだったそうです。

全国では3か所。

全国三大吊るし飾りと呼ばれるゆかりの地が、
山形県、静岡県、福岡県となります。

山形県では、傘福。
静岡県では、雛のつるし飾り。
福岡県では、さげもん。
と呼ばれています。

つるし雛は、全体的には「衣食住に困らないように」という願いが込められて作られたものです。

長寿を願う「桃」
魔よけの意味がある「猿っ子」
無病息災の「三角」(昔の薬袋が三角だったため)
安産や子宝を願う「犬」
娘に悪い虫がつかないように「トウガラシ」
家族の強い結びつきを願う「紫陽花」
不苦労と書く「ふくろう」

など多種類の人形があります。

つるし雛を手作りするには?

39831352_o2
 
つるし雛にはそれぞれの人形に意味があるので、

どんなものを作りたいか、
どんな願いを込めたいかをきめてから手作りすると良いですね。

私の母も、孫のためにつるし雛を1年かけて手作りしてくれました。

1メートルくらいの高さでとても立派なもので、
子どもの生まれた干支や私と主人の干支(たまたまだったのかもしれませんが。笑)も飾られていました。

ぜひ、願いを込めて素敵なつるし雛を手作りしてください!

つるし飾りの作り方➀

☆シジミ貝を使った飾り
➀ちりめんをシジミ貝に手芸用ボンドで貼り付け乾かします。
➁セロテープの使い終わった芯に、つるす糸と同じ布を貼ります。
➂セロテープの芯に等間隔で、糸を留めて、垂らし、シジミ貝の飾りを等間隔で糸にくっつけていき、完成です。
 
小さな飾りにはなりますが、とてもかわいらしくて、簡単にできるつるし飾りになります。

スポンサーリンク

つるし飾りの作り方➁

☆六つ花の作り方
➀正方形にカットした生地を半分に三角形に折り、中に綿を詰めます。
➁それを6つ作り、端と端を縫い、
➂それを6つ合わせてお花の形にして、中心を縫い付ければ完成です。

交互に色を変えたり、6色にしても素敵なお花の飾りになりますね。

つるし飾りの作り方➂

☆うさぎの作り方
➀胴布を中表にして、合わせて全返し縫いで細かく縫います。
➁外耳と内耳を中表にして合わせ、半返し縫いで縫います。
➂胴布の縫い代に0.5センチ間隔くらいで切り込みを入れます。
➃耳も同様に0.5センチ間隔で切り込みを入れます。耳、胴を表に返します。
➄胴に綿をしっかりと詰め込みます。そして、しっかりと閉じます。
➅耳の位置にハサミで切り込みを入れます。耳は2つに折ります。そして、ボンドを付けて切れ目に差し込みます。
➆目はさし目か赤いビーズを付けます。赤い糸でY型に口を縫います。
➇ひげは白い糸で口の上に6本ほど作り、根元をボンドで留めます。
9座らせたときに安定するように円形の布をウサギの底に貼り付け完成です。

 うさぎは、飾っているだけでもかわいらしいので、作り方を覚えておくと良いですね。

つるし雛 つるし飾り 雛人形 ひな人形 つるし雛 吊るし雛 吊るし飾り さげもん 椿 卓上 台…

つるし雛 つるし飾り 雛人形 ひな人形 つるし雛 吊るし雛 吊るし飾り さげもん 椿 卓上 台…
価格:8,991円(税込、送料込)









まとめ

小さい人形は、手縫いで作れるので、ミシンがない方でも、すぐに作れますね。

我が家もミシンがないので手作りの小さなひな人形を飾ってみたいなと思います。

そして、何より、人形の由来。我が家には小さな姫君(娘)がいるので、人形をほぼトウガラシにしないように気を付けないといけないですね。笑 

手作りの人形には、プレゼントする相手を想って、手作りしたり、願いがしっかりと込められているので、そのお人形に魂が宿ったりしますよね。

私が小さな頃に母が手作りしてくれた、当時テディベアをとても大切にしていました。

毎日一緒に遊んでいて、楽しい思い出が今でも残っています。

そのことを思い出しながら、先日かぎ針で編みぐるみを作って娘にプレゼントをしたら、とても喜んでくれて、1歳ちょっとではありますが、ずっと抱えて部屋中を歩き回っていたのを見てとてもうれしくなりました。

 ぜひ、つるし飾りも心を込めて、願いを込めて手作りしてみてください。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る