神奈川でお花見を子連れで楽しめるのはここ!厳選➄スポットをご紹介

a00d50f0c52106c915322355e9660eb8_s

少しづつ暖かい日が増えてきて、
そろそろ春といった陽気になってくると気になるのが、桜。

小さい子供を連れているとお出かけも大変ですが、
そんな子連れのご家族でも楽しめる

神奈川県内のお花見スポットをご紹介します。

スポンサーリンク

お花見を子連れで楽しむには?

小さい子供がいるとお出かけも大変ですが、小さいお子さんにこそ綺麗な桜を見せたい
と思うママも多いのではないでしょうか?

感受性豊かな子供の育ちには、四季折々の自然に触れることはとても大切なことですね。

そこで、子連れでも気兼ねなくお花見を楽しむには、どのような場所を選べばいいでしょうか?

一番に優先すべきはやはり子供なので、子供目線で考えてみると、
周りを気にせずに思い切り遊べる場所があることではないでしょうか?

お花見でも、宴会をされる方がたくさんいる場所ではなかなか子供を遊ばすのは難しいですね。
出来れば花を見ながら遊べるというのが理想です。

そしてママ目線で気になるのは、
やはりトイレやおむつ替えのスペースが充実しているか?
という点ではないでしょうか?

子供が使いやすいトイレがあったり、おむつ替えや授乳が出来るスペースがあれば心強いですね。

また、御着替えや食べるもの飲むものなど子供を連れていると大荷物になるので
出来れば車で出かけられて、駐車スペースがしっかりとあるところが良さそうですね。

それでは、そんなママたちの強い味方になってくれる素敵なお花見スポットをご紹介していきます。

神奈川でお花見を子連れで楽しめるスポット➀

5d0e0d69e4796d5e3f34e047d2d21b19_s
まず一つ目のスポットは、

「小田原城址公園」
です。

JRや小田急小田原線の小田原駅から570m徒歩10分ほどとアクセスもよく、
車がなくても電車でお出かけすることが出来ます。


日本さくら百選にも選ばれている有名なお花見スポット
で、
お城と桜のコントラストがとても美しいんですよね。

ベビーカーを押しながら気軽に訪れられるお花見散歩にお勧めしたい場所です。

ベビーカーを押すなら、お濠の周辺がおススメですよ。

天守閣やお濠周辺に植わっている桜は、
昭和初期に植えられた古いものもあり、
その立派な姿は圧巻です。

昼も楽しめますが、夜桜も公開されています。
夜はまた一味違った桜が楽しめます。

神奈川でお花見を子連れで楽しめるスポット➁

389a00eaf075671137bc2e23f801b6c5_s
次にご紹介するのは、

「県立三ッ池公園」
です。

横浜市鶴見区にある公園で、
ここの桜は「寒桜」という桜もあるので、
2月中旬頃から開花するものがあり、
そこから4月上旬までの長い期間桜を楽しむことが出来ます。

70種類以上もの品種の桜が植えられていて
約1600本もの桜が次々と開花していくので見ごろが長く続きます。

日本さくら百選にも選ばれている人気のあるお花見スポットなんですよ!

公園なので、
子供の喜ぶアスレチックや長い滑り台などの遊具もあり、楽しめること間違いなしです。

アクセスは公共交通機関を利用するなら、JR新横浜駅、鶴見駅からバスを利用。
三ッ池公園北門バス停で下車したら徒歩3分で到着します。

車を利用するなら、北門駐車場は80台ほど、正門駐車場は50台ほどありますが
お花見シーズンは満車になることもあるので、早めに行くのがおススメです。

お花見シーズンと、GWのみ、駐車料金(普通車830円)が必要になります。

スポンサーリンク

神奈川でお花見を子連れで楽しめるスポット➂

次にお勧めするのは、子供が大好きな動物園の桜。

「横浜市立金沢動物園」
です。

桜の見ごろは、3月下旬から4月初めです。

ここの動物園は人気のあるキリンや象といった動物が近くで見ることが出来ます。

そして注目したいのは、バーベキューエリアがあることですね!

事前の予約が必要ですが、
お花見バーベキュー&動物園といろんな楽しみ方が出来るので
子供たちに喜ばれること間違いなしです!!

遊具もあるので、
桜や動物を見たり、バーベキューでお腹がいっぱいになった後は身体を動かして遊ぶことも出来ます。

アクセスは、
公共交通機関を利用の場合は、京浜急行金沢文庫駅西口からバスで12分
「夏山坂上」で下車、徒歩6分です。

土日祝日は、金沢動物園行きが運行しています。
金沢動物園バス停で下車すぐです。

車での来場の場合は、
高速利用の方は高速側駐車場が利用できますが、
帰りは横浜横須賀道路本線にしか行くことが出来ないことと、
一般道に出られないのでこの2点は注意しましょう。

一般道を利用される方は正門口駐車場を利用することができます。

神奈川でお花見を子連れで楽しめるスポット➃

d7cfc90d9f222202a5959dfa474b17e6_s
次にお勧めしたいのは、
横浜市青葉区と東京町田市にまたがる多摩丘陵にある広大な子供のための遊び場

「こどもの国」
です。

ここには50種類以上約1000本もの桜があって、早咲きの品種もあるので見ごろも長く続きます。

綺麗に整備された中央広場では、お花見を楽しむファミリーが多いので、
子どもを思い切り遊ばせながら花見が楽しめます。

一つ注意したいのは、子供の施設のため、アルコールの持ち込みは禁止されています。

お花見の他にも、大型遊具があったり、
体験型イベントもあるのでタイミングが合えばいろんな楽しみ方が出来るのも魅力ですね。

アクセスは、
公共交通機関利用の場合は、高速鉄道こどもの国駅から徒歩すぐなので
とても便利です。小田急線鶴川駅からはバスで約15分ほどです。

車利用の方は、
東名横浜青葉インターからと、東名横浜町田インターからアクセス可能です。

こどもの国正面駐車場が利用できます。

神奈川でお花見を子連れで楽しめるスポット➄

93b0bd86ac937eebbc3c9332b741c374_s
最後にご紹介するのは、

「横浜市野毛山動物園・野毛山公園」
です。

この動物園は特に小さいお子さんにお勧めしたい動物園です。

100種類以上の動物が飼育されているのに、入場は無料とこれもありがたいですね。

地元の子供たちが動物たちと触れ合えるようにと運営されている動物園だそうです。

そしてこの動物園に咲く桜は、ソメイヨシノなど約250本もあり、園内を鮮やかに彩っています。
見ごろは3月下旬から4月上旬です。

公園の方には遊具もあるので、子供たちも一日思い切り遊ぶことが出来ます。

アクセスは、
公共交通機関を利用の場合、JR根岸線・横浜市営地下鉄の桜木町駅から徒歩15分、
京浜急行線日ノ出町駅から徒歩10分ですが、桜木町駅からはバスもあります。

車での来場は、
首都高速神奈川1号横羽線みなとみらい出口を利用しますが、
この動物園には専用駐車場はないので近隣の有料駐車場を利用しましょう。

まとめ

神奈川県内にある、お花見を子連れで楽しめるスポットを5つご紹介しました。
子供と一緒に春の季節を身体いっぱいに感じてみませんか?
きっと親子の素敵な思い出になること間違いなしです!

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る