お花見を子連れで!関西のオススメスポットはここ!

f9fa20e98f935c1567fd1d1ba948fe1a_s

桜の季節はもうすぐそこまでやってきています。

花見の宴会も楽しいものですが、子供を連れてお花見に出かけると、
また違った楽しみがありますよね。

多感な時期の子供に、日本の美しい桜を間近に見せることもまた大切なのではないでしょうか。

そこで、子連れでお花見をするのに、関西圏でおススメのスポットをご紹介します。

スポンサーリンク

お花見を子連れでする場合の注意点

389a00eaf075671137bc2e23f801b6c5_s
お花見を子連れでする場合の注意点を押さえておきましょう。

子連れの場合は、大人ばかりの花見の宴会とは違って、遊べる場所があるかどうか?
というポイントは押さえておきたいところです。

飲んだり食べたりを一通り終えると、子どもは飽きてくるものです。

子供に人気の遊具があったり、動物がいたり、何かイベントをしていたりと
目先が変わる何かがあるスポットがおススメです。

その他には、小さい赤ちゃん連れの場合は、段差にも気を付けたいところです。

階段や石段などの段差の多かったり、ジャリ道がたくさんある場所は、
ベビーカーを押すのも一苦労です。

赤ちゃんを連れてのお出かけは荷物も必然と多くなるので、
ベビーカーを安心して押せるということも気を付けておきたいところですね。

あとは、トイレや御着替えが出来るスペースがあるかどうか?でしょうか。

事前にしっかりと調べてから出発すれば、安心ですね。

それでは、子連れでお花見に出かけるのにお勧めのお花見スポットをご紹介していきます。

関西のオススメスポット①

fd5dfcaca313e55390c0eaae58fb11d9_s
関西で花と言えばここ、

「花博記念公園鶴見緑地」

です。

かつて花の博覧会が行われた会場ということで園内はとても広く、
そこには四季折々の花が咲きどの季節も花を楽しむことが出来ます。

桜もたくさん植えられていて、桜の木の下でゆっくりとお花見を楽しめるほか、
桜の時期と同じくして、大花壇のチューリップも見ごろになるので、
お花をバックに記念の写真が撮れるベストポイントがあちこちにあります。

子供たちには、
「子供の森 なにわっこらんど」の大きなスライダーなどの大型遊具が人気です。

その他、桜の開花時期にちょうど春休みになるので子供向けのイベントもたくさん企画されています。

HPをチェックしてからお出かけするのがおススメです。

アクセス
公共交通機関を利用の場合は、地下鉄鶴見緑地線を利用して鶴見緑地駅下車、徒歩すぐなのでとても便利です。

車を利用の場合は、
駐車場が公園内に6か所あり、収容台数も充分あるので安心して車でお出かけできます。
駐車料金は24時間上限1000円となっています。

関西のオススメスポット②

990f4c7242fa7b1fe13743a57e2ff0b9_s
次にお勧めするのは、

「京都府立植物園」

です。

京都で子連れのお花見で一番お勧めしたいスポットです。

桜の花の下でゆっくりとお花見が楽しめる上に、子供たちには嬉しい大きな芝生広場があり、
浅い池や噴水もあるので気温が高い日には水遊びも楽しめます。

大型遊具のある公園には、「プチ青空図書館」があり子どもが飽きることなく楽しめます。

園内は手入れが行き届いていてとても綺麗なので、小さい子連れでも安心して滞在できます。
入園料は、大人200円、中学生以下は無料となっています。

アクセス
公共交通機関を利用する場合は、京都市営地下鉄烏丸線の北山駅下車すぐと
とても便利です。
車を利用の場合は、正門ロータリー東側に駐車場があります。

関西のオススメスポット③

924999c69ee8c19f0b2016372189b719_s
次にお勧めするのは

「神戸総合運動公園」

です。

広い公園内は桜の花でいっぱいになります。

子どもに人気があるのは、「冒険のくに」「自然のくに」のエリアで、アスレチックや大型遊具もたくさんあります。

赤ちゃん連れの方には、
おむつ替えの出来るトイレや、授乳室も整備されているので安心して利用することが出来ます。

春休みに向けて、様々なイベントも企画しているので、チェックしてからお出かけするのがお勧めです。

アクセス
公共交通機関を利用する場合は神戸市営地下鉄の西神山手線「総合運動公園」駅
下車すぐです。
車を利用の場合は、
1800台収容できる駐車場が完備されています(1日500円)。
イベント時には臨時駐車場も開設されるので車でも安心してお出かけできます。

関西のオススメスポット④

7ce7cf0262c2c1f83ed567744a8526da_s
神戸でもう一つ外せない、オススメスポットは

「王子動物園」

です。

子どもが大好きな動物が見られる上に、お花見も楽しめる、子連れには是非お勧めしたいスポットです。

園内にはたくさん桜の木があり、
その桜の見ごろの時期には夜のライトアップ「夜桜通り抜け」も開催されるので、こちらも見ものです。

ここの動物園には人気の動物がたくさんいますが、子供が大好きなパンダやカピバラもいますよ。

入園料は大人600円、子供は無料というところも嬉しいですね。

アクセス
公共交通機関を利用の場合は、阪急電車「王子公園」駅から西へ徒歩3分です。

車利用の場合は、
王子公園駐車場が利用できますが、お花見シーズンは春休みと重なり、神戸の街は車はとても多くなります。

駐車場も少し時間が遅くなると駐車が難しくなることもあるので公共交通機関を利用することをお勧めします。

スポンサーリンク

関西のオススメスポット⑤

93b0bd86ac937eebbc3c9332b741c374_s
関西の子連れでお花見にお勧めのスポット、次は滋賀県にある

「南郷水産センター」

です。

びわ湖から流れてくる瀬田川の河畔にある、魚のテーマパークです。

実はここには桜が400本も植えられていて、桜の時期には花見をしながら釣りまで楽しめる穴場スポットなんですよね。

園内では
小さい子供でも魚を釣る体験が出来るところもあり、
ザリガニ釣りや魚つかみ金魚すくいなどで楽しく遊べます。

釣ったフナやコイも釣ることが出来て、釣った魚はその場で炭火焼で楽しむことも出来ます。

入園料は中学生以上400円、3歳から小学生200円とリーズナブルで、一日楽しめます。

アクセス
公共交通機関を利用の場合は、JR石山駅から京阪バスを利用して、約15分
「南郷洗堰(なんごうあらいぜき)」バス停下車、徒歩3分です。

車を利用の場合は、
名神高速道路瀬田インターまたは刑事バイパス石山インターより南へ約8分で、駐車場は500台収容、一日400円で利用できます。

関西のオススメスポット⑥

3574c13e5c9a7f4047de8d83c650a913_s
関西のおススメスポット、次は奈良県の

「生駒山ろく公園」

です。

生駒山の山麓に広がる子上で、市街地から比較的近いにもかかわらず、自然に囲まれています。

桜の広場にたくさんの桜が咲いているので、お花見はこちらのエリアがお勧めです。

子供たちには、大型の木製遊具やアスレチックの他、展望台からの眺めやハイキングも楽しめます。

アクセス
公共交通機関を利用の場合は近鉄奈良線、けいはんな線、生駒線の「生駒駅」から
バスで約16分です、生駒山ろく公園ふれあいセンターで下車すぐです。

車を利用の場合は、
阪奈道路から信貴・生駒スカイラインへ入って、約5分です。
駐車場は一日510円で利用できます。

関西のおススメスポット⑦

5c14926204f1f53a159fcfd3063ba075_s
関西のおススメスポット最後は、和歌山市にある

「和歌山城」

です。

全国的にも有名な桜の名所ですね。

お城ですが意外にも段差は少ないので、小さなお子様を連れでも安心です。

天守閣(有料)への階段も小さな子供でも登れる程度で、
スロープもあるのでベビーカーでも大丈夫
です。

天守閣からの眺めも素晴らしいですが、お花見だけなら公園でも充分楽しめます。

桜の花は600本もあり、かなり見ごたえがありますよ。

公園内には、ミニ動物園(無料)もあり、
ペンギンやウサギなど子供が喜ぶ動物がいる
ので
小さいお子さんは是非覗いてみてください。

アクセス
公共交通機関を利用の場合は、JR和歌山駅、南海和歌山市駅からバスで約15分
公園前のバス停で下車しましょう。

駅から徒歩でも20分くらいで歩けるので、元気な方は歩くのもお勧めです。
和歌山駅からはけやき通りをまっすぐ進めば見えてきます。

車を利用の場合は、
和歌山城公園駐車場は約60台ですが、周辺にいくつもあります。

まとめ

関西の子連れでお花見にオススメのスポットをご紹介しました。

大阪や京都、神戸だけでなく、奈良や和歌山、滋賀のスポットもご紹介しました。

お近くの方だけでなく、少し遠出をすれば日帰り可能で楽しめるところもたくさんあるので
いつもと違うところへのお出かけもお勧めです。

桜の花と共に、子供たちとの楽しい思い出をたくさん作ってくださいね。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る