自転車の法律改正まとめ危険行為14種類はコレ!

2b330a2deff00b31855bb00753909fc8_s

信号無視や逆走、
酒気帯び走行、
イヤホンで音楽聴きながら周りの音が聞こえない・・・

という状況で危険運転が多発している自転車。

これをどうにか取り締まろうと
自転車の法律改正がなされ
改正道路交通法」が2015年6月1日から施行されることになりました!

これによりいろんな罰則規定が増えますね。
危険行為14種類に該当しないように
法律改正まとめを見てきましょう。

スポンサーリンク

自転車法律改正のまとめ情報

自転車の法律改正で
2015年6月1日から施行された改正道路交通法では
自転車で交通ルール違反をすると罰則されることになります。

車と同様自転車事故も多発していることから法律改正を余儀なくされ
このような取締は強化せざるを得なかったようですね。

悪質な運転者(ルール違反者)に対して安全講習というものが義務化されていますが
これはどういったものなのか?

危険行為とされる14種類において違反もしくは事故を3年以内に2回以上
行った場合、この安全講習を受講しなくてはいけない

というものになります。

講習は受講料が必要で3時間で5700円なんだとか。
結構みっちり受けなきゃいけませんね。
もしこの受講命令を無視した場合は5万円以下の罰金が科せられますので
注意が必要です!

受講するの面倒・・・と思うかもしれませんが、
たった1回3時間で5700円。
車だったら何ヶ月も通って何十万円も払ってやっと運転できるのですから
それを考えたらめちゃお得!

もちろん自転車と車は違いますけど、「車」とつくものを
運転するのですから、1度くらいは講習を受けて
しっかりとルールを把握するのもイイと思います。

3年以内に2回・・・・となると
ルールをしらなきゃ結構あっという間に受講!ってことになりますよね。

ではそうならないために
法律改正で対象となる危険行為の14種類をまとめてみましたので
しっかり把握しておきましょう。

スポンサーリンク

危険行為14種類はこれだ!

cc0a9969a30d7f1c49aa6b6329e5f9d5_s

違反の対象とされる「危険運転14項目」は以下のもになります。

 1信号無視
  (結構多い違反です)

 2踏切の強行突破
  (めちゃくちゃ危ないので止めましょう)

 3歩行者用道路で歩行者への注意を怠る
  (自転車通行可の歩道では徐行が原則。結構突っ走っている人多いです。
   子連れの方なんかは歩道走るパターン多いですから注意が必要)

 4一時停止の無視
  (自転車を歩行者と同じ視点で見てる人に多い)

 5路側帯で歩行者の通行を妨げる
  (歩行者の通行の邪魔にならない程度の速度と方法で走行すること)

 6通行禁止の無視
  (車道を通るのが原則なので車と一緒ですね)
  
 7交差点で右折するときに直進車や左折車の進路を妨害
  (これは自動車では当たり前なのに自転車は勝手に自分優先しちゃってることも多い)

 8交差点を通行するとき他車の進路を妨害
  (優先道路を走る車がもちろん優先、間違えないで!)

 9環状交差点で他車の進路を妨害
  (妨害しないように徐行が原則)

 10通行区分を守らない
  (自転車道がある場合はもちろん自転車道を走行。ないときは車と同じ左側を!
   逆走は言語道断で禁止です)

 11普通自転車で歩道通行する際に通行方法を守らない
  (車道原則ですが、運転者が幼児なら歩道を走ることが可能。
   その時は車道よりで徐行するか一時停止するかで配慮できるよう指導が必要)

 12ブレーキ不備
  (ブレーキが使えないのはもちろんNGですが、前後輪両方にブレーキがない
   自転車もNG。前後正常に動く自転車に乗らないと違反になるので注意)

 13飲酒運転
  (車と同じ、飲酒はNG)

 14安全運転義務違反
  (これが多くの人が該当する項目。スマホ使用や傘をさしながらの片手で運転したり
   イヤホンをつけての走行などがあげられます。)

結構な項目がありますが、
車のように講習所があるわけではないので、
どれだけの人がこれを認識しているのか・・・怪しいところです。

まとめ
74f5b717323a2668a535a6da35bdba95_s

免許がいらないだけで自転車は「軽車両」に区分されている立派な車。
子供のときからこれらを意識して運転してれば
事故も減少しそうで嬉しいです。

この法律改正が浸透するまで違反者続出しそうなので
国としてももっと普及させるべく索を練らないといけませんね。

でもこれが普及すれば
とても快適な生活ができそうで期待できます!
早くみんなに浸透されるといいですね。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る