プールの塩素子供への影響は?落とし方はコレ!

203

日差しも強くなり、徐々に汗ばむ季節になりました。
夏よりも初夏の紫外線の方がとっても強いそうです。

外で汗を流して遊ぶのもいいけれど、プールで涼しく過ごすのも良いですよね。
でも、プールって塩素が入ってて、子供に影響がないか心配…。

そこで今回はプールの塩素の子供への影響と落とし方についてご紹介いたします。

スポンサーリンク

子供とプールに入りたいけど・・・

汗をかいてベタベタするのがイヤ…ならば、プールに入りに行こう!

でも、プールのあの独特なニオイ…
避けたくても避けられないあのキツ~イニオイ。
いくら消毒といっても、あのニオイが苦手な方も少なくないはずです。

あの塩素のニオイって体に有害なのでは…
子供の肌にはあまりよくないのでは…
そういえば、プールのあとっていつも髪の毛がキシキシしていたような…

なんて考えてしまいますよね。

それでは、プールの塩素の濃度、また、塩素の影響はどのようなものがあるのでしょうか。ご紹介いたします。

プールの塩素濃度

803

プールの塩素には水質基準があります。

遊離残留塩素濃度は、0.4mg/L以上であること。
また1.0mg/L以下であることが望ましいこと。
(厚生労働省 遊泳用プールの衛生基準より一部抜粋)

塩素は、ヒトが運んできたホコリや汚れ、ウィルスをやっつけてくれる役割があるので、あのプールの独特なニオイは必要不可欠なものになりますね。

プールの塩素の影響は?

o0800060012034353492
そもそも塩素とは、肌のたんぱく質を溶かしてしまう物質なのです。
ヒトの肌もたんぱく質になるので、肌を溶かしてしまい、肌荒れの原因となってしまいます。

ですが、塩素は消毒のためにいれるものなるので、不特定多数の人が入るプールには必要不可欠ですね。

塩素は空気中に飛びやすいので、室外プールよりも室内プールの方が塩素投入した時から時間が経ってもプール内に塩素が残りやすいため、室内プールの方が塩素濃度は濃く、肌への影響も強いと考えられます。

スポンサーリンク

プールの塩素で髪の毛が傷む?

よく、プールに入ると髪の毛が茶色くなる、髪の毛が細くなるということを聞いたことがありませんか。

それは、塩素だけではなく、紫外線やカラー、パーマ、塩分なども髪の毛を傷める原因となります。

特に塩分は髪の表面のキューティクルがはがれてしまいます。

髪の毛のパサパサは、プール後にすぐにシャンプーで洗い流したり、水泳のときはシリコン製のキャップで髪の毛へのダメージを軽減することをオススメします。

ただ、シリコン製のキャップはかなりフィットします。

【セール】水泳用品 スイムキャップ / 水泳帽(imjerry)水着 シリコン 競泳 みずぎ・ミズギ 水着 水泳用品 シリコン デザイン 子供 プール 【特価】
価格:980円(税込、送料別)







プールの塩素の落とし方

 
まずは、シャワーで体を洗い流すこと
これは必ず行いましょう。

そして、しっかり落とすには、塩素を中和するためにビタミンC(アスコルビン粉末)を使用します。

アスコルビン酸 ( ビタミンC ) 原末 1kg’ [ メール便 送料無料 ] [ ビタミンc 粉末 サプリ ]″
価格:1458円(税込、送料別)







シャワーを浴びるときにビタミンCの粉末を見水に溶かして肌にかけます。
そして、しっかりと水で洗い流します。

※洗いすぎでの乾燥を防ぐために洗いすぎには注意しましょう。

シャワーの水圧は、強めの設定だと、水圧で弱った肌をさらに傷めてしまうので、弱めに設定してください。

シャワー後には、ワセリンなどで保湿することをオススメします。

ベビーワセリン 100g
価格:598円(税込、送料別)







ワセリンを塗ってからプールに入るのも効果はありますが、何かを体に塗ってから公共のプールに入ることはマナーにもかかわってきますので、ぜひ、アフターケアを入念に行いましょう。

小さなお子さんには、特に肌が弱いので、しっかりとケアを行ってください。

まとめ

 
プールのあの独特なニオイの原因は「塩素」でした。
塩素は入れすぎると害があり、とても危険です。

しっかりと決められた量の塩素を入れて、消毒をし、さらには、プール後のケアをしっかりしなくてはいけないですね。

近くの市民プールなどは、室内のところが多いですし、安いので、雨の日でも遊びにいけます。

私も小学生くらいのときはよくお友達と一緒にプールに遊びに行ってました。

しっかりとシャワーで体を流し、目を洗うことは、プールの消毒に使われていた塩素を落とす重要なことだと過ぎてから知ったことです。

なんせ、プール前後のシャワーは、日に当たったり、人の体温でぬるくなったプールとは違いとても冷たかったので、苦手でした。

これから、我が子たちが幼稚園や学校などでプールに入るときはしっかりとシャワーをしたり、目を洗うことを教えていきたいと思いますす。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る