夏休みは工場見学へ!おススメランキングはコレ!

ƒvƒŠƒ“ƒg

夏休みが近づき、インターネットでどこへ出かけようか検索する時期になりました。
キャンプへ行ったり、旅行へ出かけたり…。
ですが、夏休みは2~3日では終わりません。
長くて1ヶ月以上!!!

その夏休みを、楽しく、かつ自由研究という宿題をこなせたら一石二鳥ですね。
そこで、今回は工場見学のオススメをご紹介いたします。

スポンサーリンク

工場見学が大人気!

 
 工場見学とは、
実際に稼働している工場での製造ラインを見学して、ものつくりについてを学んでいく。
家の近くにある工場では何を作っているのかを知ったり、
大きな機械がある工場や、体験学習ができる工場や施設を見学してみることで、
ものに対しての愛着がわいたりします。

学研などのサイトでは、工場見学について、知りたいコト別、地域別にカテゴリーが分かれているので、
どんな工場を見学したいかを検索することもできますよ。

夏休みには工場見学へ!

pics1507
 そろそろ夏休みに入り、夏休みのお出かけ計画が練られている頃ですよね。
旅行も予算オーバーしてしまうし、それ以上の休みがたくさんある。

ならば、無料施設でお土産のある、工場見学はいかがでしょうか。

関東地方には、たくさんの工場がありますし楽しく見学ができます。

大人も子供も一緒に楽しめる工場見学は、
親子の大切な時間を共有する上でもとても有意義だと思います。

是非試しに申し込みをして行ってみてくださいね!

工場見学関東おススメランキング➀

 syugakuryokou_group
 ☆グリコピア・イースト(http://www.enjoytokyo.jp/museum/event/803479/)
 
 所要時間約70分で1名のアテンダントが約20名をご案内!

ポッキーやプリッツなどの製造工程や映像、展示物などを見学できます。

体験型コンテンツもあり、クイズに挑戦するチャレンジゾーン、巨大なゴールインマークがあるフォトゾーンやデコポッキー作りに挑戦できるゾーン(有料500円)もあります。

さらには、来館記念お土産もあります。

 ネットでのお申込みも可能(URL:http://www.glico.co.jp/glicopia/east/)
ほかには電話もOK(048-593-8811)。

お土産もあり、身近なお菓子の製造過程も見られるので、小学生には自由研究にも良いですね!

 所在地:〒364-0013埼玉県北本市中丸9丁目55番地

工場見学関東おススメランキング②

 
 ☆ライオン 小田原工場(http://www.lion.co.jp/ja/company/establishment/09.php)

 小学校4年生以上という対象年齢はありますが、自由研究にはばっちりのライオンの工場。

普段、身近にある歯磨き粉、歯ブラシ、洗剤やお薬などの製造過程などを見られます。
見学時間は90分。
じっくり、映像と説明を聞くことができます。

 見学の予約申し込みは、
見学希望日の2か月前の月の営業日~見学希望日の2週間前まで。

見学不可の日は、

工場が非稼働日の土日祝日、年末年始、
5月、8月の連休、工
場休日翌日の午前中、
月初から3営業日、
月末前の3営業日となります。
(0465-47-4151(受付時間9:00~16:30))

無料施設なので、小田原や箱根の観光で足を運んでみるのもいいですね。

ライオン製品のお土産ももらえるので、大満足の工場見学となります。

 所在地:〒256-0811 神奈川県小田原市田島100

スポンサーリンク

工場見学関東おススメランキング➂

 ☆マヨテラス (http://www.kewpie.co.jp/mayoterrace/)

2014年6月にオープンした新名所。

キューピーマヨネーズの歴史やおいしさのひみつ、ものづくりへの想いと工夫を案内スタッフとともに紐解いていく体験型施設となります。

完全予約制なので、インターネット予約か電話(03-5384-7770)での予約となります。

マヨネーズを試食しながら、おいしさのひみつなどを学んでいくので、楽しく見学できますね。

 所在地:〒182-0002 東京都調布市仙川2-5-7仙川キューポート

工場見学関東おススメランキング➃

 ☆ANA 機体工場見学 (http://www.ana.co.jp/group/kengaku/)

 小学生以上を対象とした、機体の工場見学です。

 飛行機と整備についての説明、整備関連のビデオ上映、整備作業中の飛行機の見学ができます。

普段ではなかなか見られないくらい近くまで近づくことができ、改めて、飛行機のすごさ、迫力を体感できます。

のりもの好きの子にはオススメの工場見学ですね。

空港での、工場見学となるので、
工場見学前後には、展望台での飛行機の離陸着陸が楽しめたり、空港内での食事やショッピングもしっかり楽しめます。

 所在地:〒144-0041 東京都大田区羽田空港3-5-4

工場見学関東おススメランキング➄

 ☆協和 千葉工場 (http://www.enjoytokyo.jp/amuse/event/442797/)

小学生の必需品、ランドセルの工場見学です。
見学時間は1時間~1時間半。

ランドセルの生産過程が見学できます。

普段身に着けているランドセルがどのような過程で作られていくのかを見学し、100種類近いランドセルの部品からランドセルが完成するのを目で見て手作業で進められている過程を見ると、ランドセルがどれだけ丈夫に、しっかりと作られているかがわかります。

そして、普段使っているランドセルをもっと大切にしようという「モノを大切にする」気持ちが芽生えますね。

 電話での受付となります。(03-3866-7478)
 
 所在地:〒270-0213 千葉県野田市桐ヶ作512 
 

まとめ

工場見学は、だいたい対象年齢が小学生以上のところが多いですので、
我が子を連れての工場見学参加はまだまだ難しいところがあります。

よくある夏休みイベント中には、工場見学のほかに、
親子の体験イベントなどものつくりを子どもと一緒に体験できるプログラムがあったりします。

我が子が対象年齢になったら、ぜひ、親子参加のプログラムにたくさん参加して、親子の思い出作りをしていきたいなと思っております。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る