夏場の停電時での暑さ対策のポイント!災害はこうやって乗り切ろう!

06b5955b3585c9bc25b3a30ee32f841b_s

突然起きる停電!

原因は雷や地震、大雨など天災から、
事故や工事など予測できないものがほとんど。

普段から対策をした方がいいということはわかっていても、
どうしたらいいのかよくわからない人が多いのではないでしょうか。
特に、小さな子供がいる方は自分だけでなく、
子供のケアもしなければいけません。

台風被害が多くなる季節になる前にしっかり備えられるように、
対処法や暑さ対策グッズを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

夏場に停電が起きたら

『夏場に停電が起きた時に考えられる家庭内での被害』

夏場に停電が起きるとどのような家庭内被害があるのでしょうか。

・冷蔵庫が使えなくなる
・クーラーや扇風機が使えなくなる
・テレビで情報を得ることができない
・いざとなった時の携帯電話、スマートフォンが充電できない

一番の問題は猛暑の時に涼めないということです。
しっかりと暑さ対策をしておきたいですね。

『最低限の対処法』

夏場以外にも覚えておきたい対処法をまとめました。

・周りの家を確認
自分の家だけなのか、
周りの家も停電しているのか確認しましょう。
自分の家だけならブレーカーなどの問題かもしれません。

・各電力会社へ確認を
各家庭で契約している電力会社に電話をしましょう。
場合によっては対処法を教えてくれることもあります。

・冷凍室のものを冷蔵室へ
冷凍室の凍ったものを冷蔵室にいれることで、
温度を下がったままキープできます。
一時的なものですが何もしないよりは断然いいです。
とくに夏場は気をつけたいところです。
開け閉めもできるだけしないでおきましょう。

・子どもをリラックスさせる
急な停電に大人はパニックになりますが、
それ以上に子どもにとっても精神的に負担になります。
まずは子どもを抱きしめて、優しい言葉をかけてあげましょう。

・携帯電話やスマートフォンの充電を満タンに
便利な世の中の絶対必需品といわれる携帯電話やスマートフォン。
緊急時に家族や友人に連絡がとれるだけでなく、
情報収集、電力会社への連絡もできます。
いざという時に電池切れにならないようにしましょう。

・家族との連帯感を大事に
非常時にどこに何があるか確認をとっておきましょう。
天災の場合は緊急避難が必要になります。
普段の冷静な時に何が必要なのか、
家族で情報共有しておくとよいです。
とくに懐中電灯の場所の確認は大切です。

夏場の停電における昼間の暑さ対策

deffa0ef223c22cb5fd49c86eebbf1c1_s

『車に避難』
車はクーラーがついている上にラジオまで聞けます。
家の中でつらくなる前に車に逃げ込みましょう。
ガソリンは普段から満タンに近い状態にしておきたいですね。
避難場所がある場合は、車で行くと混雑の元になるので、
車でも行っても大丈夫か確認をとりましょう。

『首に巻くタイプの保冷タオル』
水につけるだけでひんやり冷たくなるタオルを活用しましょう。
屋内にいるとそれだけで体を冷やせます。
また移動しなければいけない時にも便利です。

『ソーラー電池式扇風機』
ソーラーなので電池を用意することなく使うことができます。
またミニなのでどこにでも持ち運べます。
団扇を仰ぐよりも効果的かもしれません。

夏場の停電における夜の暑さ対策

4ff11df3f623591f82fae912be6bc62e_s

『冷凍枕、熱ピタを普段から用意しておく』
寝なければいけないのに暑いと寝られない。
そんな時には冷凍枕です。
普段から家族人数分は最低限冷凍庫にあるといいです。
また、氷水をいれるタイプの場合は、
普段から多めに氷を準備しておくとよいでしょう。

『懐中電灯で明かりを』
暗いと子どもはどうしても怖がります。

焦ると熱さも一段と強くなります。
ひとつでも明かりがあると安心するので、
用意しておきましょう。

合わせて電池も用意しておくと心強いです。

ひんやり敷マットで過ごす』
寝転がるだけでひんやり涼める魔法の敷マット。
値段もお手軽です。これを機会に夏場の敷マットを見直してみませんか?

『冷凍バナナを作っておく』
夜中にお腹が空いたときに緊急時の非常食になり、
熱中症対策にもなる優れもの。
作るときは必ず皮をむいてからラップや冷凍パックを使って保存しましょう。

解凍する時に大変な思いをしてしまいます。
また皮ごと保存しない方が長くもちます。
また南国フルーツは体を冷やしてくれる効果があります。

スポンサーリンク

おススメの暑さ対策グッズはコレ!

電気が使えなくなった停電時。
そんな時でも使える暑さ対策グッズを紹介したいと思います。

1、ソーラー扇風機キャップ
扇風機がキャップの鍔についている帽子です、
頭のてっぺんにソーラー電池が
ついているので、動き回るときには不向きですが、
屋外に行かなければいけない時にとっても便利です。

2、耐熱材と発泡スチロール
実は冷蔵庫よりも耐熱材を張った発泡スチロールのほうが保冷されます。
冷凍庫に保冷剤がある場合などはさらに効果的です。
冷蔵庫から入れ替える際は手早くしましょう。

3、ソーラー発電機
高いものから安いものまで、幅広く流通しています。
最低限のものを選ぶとすると、五万円ほどで買えます。

これ自体はもちろん涼めませんが、
コンセントを刺すことによって扇風機や冷風機が使えます。

レジャーにも使えるので、大家族の方は一台あると便利かもしれません。

まとめ

3984918d75bbbfa4762d9f7b0044f2ec_s

今回は停電時の暑さ対策についてまとめました。
いつ起こるかわからない分、対策が難しいです。
このような被害があった場合、結局人と人との繋がりが大切になりますよね。
家族の仲を大事にしましょう。助け合えば乗り越えられます!

また、情報収集に敏感になりましょう。
予測できる場合もあります。

たとえば、台風が来るときなどもしかしたらという時は
無理をしない程度でも準備しておくと、
意外にやってよかったと思えることがあるかもしれません。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る