小学生低学年の自由研究にオススメな工作はコレ!

303deb0a11f053ff0ef6268cccf116b8_s

小学生低学年のお子さんは、
今年が小学校に入って初めての夏休みという方もおられますよね。

自由研究の工作と言われても…子供もそんなに作りたいというものもなさそうだし
と悩んでおられる方もおられるのではないでしょうか?

そんなお母さんたちの少しでもお役に立つ、
夏休みの自由研究にお勧めの工作をご紹介します。

スポンサーリンク

小学生低学年の自由研究の工作

小学生低学年の自由研究の工作は、あまり難しく考える必要はありません。
また、使う道具も学校で使う程度の危険のないものが望ましいですね。
安全に簡単につくれて、子供自身が遊べるものというのがおススメです。

学校へもっていったときに、教室にしばらく展示されると思いますが
簡単に遊べる工作はクラスみんなの人気になること間違いなしです。

あと気を付けておきたいのが、大きさです。
あまりにも大きいものや持ちにくいものを作ってしまうと、
学校へ持っていくのも帰ってくるのも大変になるので、
子供が自分で持ち運びできるくらいの大きさ、形になるように配慮することも大切です。

以上のような点を考えながら、実際の工作の題材を選んでいきましょう。

小学生低学年にオススメな工作はコレ!

夏休みの自由研究の工作で人気があるのは、やはり廃材を使った工作です。
エコで簡単に遊べるものや普段の生活で使えるものが良いでしょう。

☆ぶんぶんごま~段ボール・牛乳パック・木材などいろいろ作って回してみよう~

 

この動画では、段ボールを使っていますが、牛乳パックや木材など
いろんな材質のこまを作って、それぞれ回しやすさなど比較
してみると面白いです。

千枚通し(目打ち)を使う作業だけは
低学年のお子さんには危険なので手伝ってあげてくださいね。

こまの表面にいろんな模様をいろんな色を使って描いて、
色の出方を比較するのもお勧めです。
 

まとめ方
 ① なぜこの工作をしようと思ったか(動機)
 ② 材料
 ③ 作り方(図や写真を使って説明する)
 ④ いろんな色・模様のこまが止まっている時と回っている時の写真を貼って
   どんな色をつかうと、回るとどんな色になるのかをまとめる
 ⑤ 材質によって、回しやすさの比較や回る時の音の比較をする。
 ⑥ まとめ・感想(作った時の感想、苦労したこと、回して遊んでどう思ったかなど)

 ④と⑤は時間がない場合などはどちらかに絞っても充分濃い内容になると思います。

スポンサーリンク

☆牛乳パックで作る簡単万華鏡

 
 材料: 空になった牛乳パック
     油性マジック
     銀色の折り紙 2~3枚
     テープかのり
     はさみ
 
  参考動画はこちら
 

作り方

  • 空になった牛乳パックを切り開きます。
  • 上の注ぎ口の方から10センチくらいのところで横に切ります。
  • 下の部分は完全に開いてしまって、ここには好きな模様を描きます。
  • 上の注ぎ口の方は家の屋根のような形に切って組み立ててテープかのりで留めます。
  • 組み立てた注ぎ口の方は銀の折り紙を全体に貼って覆います。
  • 模様を描いた下の部分を四角にもう一度組立て(これは貼って固定しません)銀紙を貼った注ぎ口の方を中に通して上下して遊びます。
  •   注ぎ口が上下することで描いた模様が銀の折り紙に映っていろんな模様に見えます。
      なぜ上下すると見える模様が変化するのかを考えてみましょう。

      細かい材料や鏡がなくても万華鏡のように遊ぶことが出来ます。
      模様を人の顔などにしてみても面白いかもしれませんね。
      

    まとめ方
      ① なぜこの工作を作ろうと思ったか(動機)
      ② 材料
      ③ 作り方(図や写真で説明しましょう)
      ④ 開いた牛乳パックに書いた模様と、
        銀の折り紙を貼った注ぎ口を上下させた時の写真を貼って比較する
        なぜ見える模様が変わるのかという理由をきちんと書きましょう。
      ⑤ まとめ・感想(作った時の感想や、遊んだ時の感想)

    ☆可愛い!ぱっくん貯金箱

     

      シーソーの原理で硬貨が箱の中に落ちていく貯金箱です。
      なぜ、お金が落ちるのかをじっくりお子さんに考えさせるのがポイントです。
      

    まとめ方
      ① なぜこの貯金箱を作ろうと思ったか(動機)
      ② 材料
      ③ 作り方(図や写真で工程を説明する)
      ④ なぜお金は落ちるのか?を考える。→その結果をまとめる
      ⑤ まとめ・感想

    小学校低学年のお子さんは、文字を書くのもまだ大変な作業です。
    まとめるときは、スケッチブックを横向きにつかって紙芝居のようにまとめるといいでしょう。
    持ち運びも簡単なのでお勧めします。
      

    まとめ

    小学校低学年のお子さん向きの自由研究おススメ工作を紹介しました。

    ただ、工作を作って終わりというのではなく、
    なぜそうなるのか?創意工夫することで
    また違った面白さが生まれるなど、
    子供自身が考えるという工程を必ず踏まえることで
    工作だけでない学習効果が生まれます。

    これからの時代のお子さんは自分で考え、積極的にやってみようという気持ちを
    今まで以上に持つことを要求されるようになっていくので、
    小さいうちからなぜだろう?
    どうすれば良くなるの?
    面白くするにはどうしたらいい?
    と考える習慣をつけることは、将来的に見てもとても意味のあることなのです。

    自由研究は面倒で大変…というイメージがありますが、
    お子さんと一緒に楽しく遊んで作って考えてみてください。

    きっと夏のいい思い出の一つになるはずですよ。

    スポンサーリンク

    関連記事

    コメント

    • トラックバックは利用できません。
    • コメント (0)
    1. この記事へのコメントはありません。

    最近のコメント

      ページ上部へ戻る