親の財産を把握してる?ないかも・・は危険!効果的に調べる裏ワザ

f05061a65c23024173ad5b73742554a5_s

みなさんは親の財産がどれほどあるのかをご存知でしょうか。

財産と言っても様々ですが、
保険も預貯金・現金などわからない。
株・証券・不動産・骨董品・高級アクセサリーなどになればもっとわからない!
管理されていることも知らない!

なんてことになっていないでしょうか。

大半の方はわからない・・・という状態だと思います。

でも今親の財産を巡ったトラブルが多発しているのも現状。
だからこそ、子供である私たちが親が元気なうちに
親の財産を把握するのはとても大切なことなのです。

でも実際ば聞きづらいですよね。

そこで効果的に親の財産管理を調べる(聞き出す)方法を
ご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

親の財産はない?と思っている人は要注意!

親の財産に関する質問って失礼になるのかな??
当てにしてるとか思われて聞きづらい・・・
親に財産なんてないと思うけど・・・

と親の財産を知ろうとしない人が非常に多いようですが、

家庭裁判所に訪れる相続問題として
3割が1000万以下の相続に対しての裁判。
金額の問題ではなく、些細なことで大きな問題に発展してしまうのが現状です。

例➀
形見分けをするときに、価値がわからない自分は
妹が欲しい!というので親の形見をあげたが、
後日その形見の価値を知り、妹にその話をしたら
以前から母に価値を聞いていたことがわかった。
例➁
父が亡くなって1500万を相続した。
しかし後日わかったことで父に3000万円の借金が!
わかっていれば相続を放棄していたのに知らなかったから相続人となってしまった。

などなどほんの一部のトラブルのご紹介ですが、
とにかく親が元気なうちに話し合うことがとても重要なんです!!!

病気になってから身動き取れませんし、
認知症になっては話し合いになりませんし、
突然の事故にあった場合はどうしていいやら右往左往してしまいます。

わかっているのにやらない人が案外多いため、
結果親の死後に遺族同士でトラブルが発生するということになります。

死後のトラブル!親の財産を知る重要性

515250acb708988763e788eef5805c09_s

では実際にどんなトラブルが多いのでしょうか?

  • 預貯金などの銀行口座が不明
  • 加入している保険の種類
  • 死去を誰に知らせて欲しいのか?またその方の連絡先が不明
  • どういう葬儀を希望しているのか不明
  • 財産や負債の有無やその相続についてよくわからない
  • クレジットカードや電子マネー等会社や番号が不明

トラブルのうち大半がお金にまつわる問題が多いようです。
本人たちはそんな気はなくても、いざその状況になると揉めるのが日常だという
ことですから、やはりそうならないためにも把握しておくべきですね。

もちろん事前に「相続で親族でもめたくないから」と親に説明をして、
遺言を書いてもらえたら一番助かります。

また、盲点になっているのが「保険」です。
の保険に加入しているかを子供が把握していないケースが非常に多いため、
保険金は実際半分以上支払われていないのが現状なんだとか。
保険会社としては支払わずに済んでありがたいのかもしれませんが・・・・。

せっかく自分のために親が入っておいてくれた「保険」なのに
存在を知らないことで結局受け取れていない。
これでは本末転倒ですね。

生前に親の意思をきっちりと確認できていれば、
親の望むとおりにこちらも対応できます
よね。

それが結果親の財産を守ることになります。

親のためにも自分のためにも確認することがどれだけ
重要かお分かりいただけたのではないでしょうか。

スポンサーリンク

親の財産を上手に調べる方法

d079500ae71f011c6896f35ed5047c5c_s

理想的なのは親の方から子供に財産に関して話を
持ってきてくれるということ。

意識の高い親であればそういったこともあるかもしれませんが、
大抵の場合はお金の話は・・・とタブー扱いしてしまいます。

そうなるとどうしても子供から言い出すしかありません。

一番いいのは、両親と会う機会がある時に
「お父さんお母さんにもしものことがあった時に困るから、
二人が持っている財産や重要資料など把握しておきたい。
もちろん借金があるならそれも知りたい。」
と素直に伝えること。

会話の持って行き方は難しいかもしれませんが、
お互いのためだということをわかってもらって切り出しましょう。

とはいえ、子供としても財産目当てだとか死後のことを口にするのは
不謹慎だ、失礼だと感じてしまう方も多いと思います。

では子供はどのように対応すればいいのか?
そこで親の財産を上手に聞き出す(調べる)方法をご紹介します!

➀エンディングノートをプレゼントする!
 遺言書や終活となると壁がありそうですが、楽しく長生きしてほしいから、楽しい人生設計を書いてね!と言ってエンディングノートをプレゼントすると案外受け取ってくれたりします。
また、「私に言いたいこと、伝えたいこととか全部書いて!」と言って10年ノートをプレゼントするのも効果的です。 10年ノートの場合は堅苦しくなく見え見えな感じもなく、
喜んでもらえることも多いはずです。
➁貸金庫に大切なものは全部入れておいてもらう!
  「今泥棒が多いし、振り込め詐欺も多いから、お父さんとお母さんの大切なものは全部貸金庫に入れて置いたほうがいいと思うからプレゼントするね!」
 と自分で貸金庫を借りて、貸金庫の利用権をプレゼントするのもとても効果的です。
貸金庫は1年で15000円くらいで借りられますから、弁護士さん等の費用を考えると安くつきますよね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

自分も中々親に切り出せなくて話が出来ていませんが、
やはり何かあってからでは遅いので
しっかりと勇気を振り絞って聞かなくてはいけないと改めて感じました。

「私はもめない!大丈夫!」と思っているのですが、
そういう人でも意外なところでもめ事が発生するらしいのです。

だからこそ、元気な今話をしなくてはいけませんね。
みなさんも頑張ってみてください。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る