キャンプで子供の持ち物って?便利グッズや必需品・荷物の準備に使えるリスト付き!

01904a15d2cd530762f0ee17e6e05476_s

夏休みにテントを張ってキャンプ!でも、
どのくらい洋服が必要?汗をかいたり、
汚れたりすれば着替えるし、
でもほかにも、食材やらシートやら持っていかないといけない。

そこで、今回はキャンプに持ってこいの便利グッズ、
そして必需品!それらをふまえた
荷物の準備に使えるリストをご紹介いたします!

スポンサーリンク

子供とのキャンプで必需品って何?

se (2)
子供とのキャンプにはたくさん必需品があります!

小さな子供がいるならオムツやらおしりふきやら…
着替えも何枚持っていけばいいのか…

悩みますよね。
そんなママさんへ絶対必要なものをご紹介いたします。

☆水着
⇒川や海が近ければ、必需品です。
長袖フード付きのラッシュガードもあるともっといいです。
知らない虫に刺されるのを防いでくれたり、ケガ防止にもなります。

ちなみに息子はラッシュガードを持っていなかったので、
上にTシャツを着せていましたが、いつの間にか脱いでいて、
上裸のまま私のところに走ってきて…

結構大きめの石がたくさんある砂利の上で転びました。
幸い、血だらけにはなりませんでしたが、
大泣きでした。笑 来年は、購入して臨みます。

☆虫取り網
⇒昆虫採取に行くならば、必需品です。
また、夜になるといろんな虫が明かりに寄ってきます。
時々、蜂も飛んで来たりするので、捕獲してしまうのもいいかもしれません。

☆虫よけ
⇒どこに行ってもキャンプ場には知らない虫も多いです!
虫よけは必需品になりますね。

☆帽子
⇒ケガ防止にもなるので、帽子は必需品です。

☆タオル
⇒バスタオルはポンチョ型があると便利です。
フェイスタオルも様々なことに使えますので、必需品です。

キャンプで子供も使える便利グッズ

Light Beam from Electric Flashlight

Light Beam from Electric Flashlight

これがあって助かった!
便利グッズはこちらです。

☆ハンガー・洗濯ピンチ
⇒水に濡れたままにしておくと臭いがひどくなってしまうので、
キャンプ中は干しておくとGOOD!
お子さんに干してもらうのも「お手伝い」になって楽しいです。

☆子供用軍手
⇒最近では子供サイズの軍手があります。
軍手をはめて、火起こしの手伝いをしたり、
重いものを運んだりできます。

☆懐中電灯
⇒夜、トイレに行ったり、探検したりするのには便利です。

スポンサーリンク

荷物の準備で使える持ち物リスト

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

子連れでのキャンプは本当に荷物がたくさんあり、
夜逃げ!?というほどの大荷物になってしまいますが・・・
キャンプの準備で使える子供の持ち物をリストでご紹介いたします。

☆水着(ラッシュガードもあれば)オムツをしてる子どもがいれば水遊び用パンツ
☆着替え(日数×2枚以上あるといいかも)
☆タオル(バスタオル、フェイスタオル、タオルハンカチ)←ポンチョ型バスタオルがあればGOOD
☆長袖 上下 (上はパーカーが脱ぎ着しやすい)
☆虫よけ
☆薬(虫刺され用、解熱剤など)、絆創膏
☆保険証・医療証
☆体温計
☆子供用軍手
☆帽子
☆水遊び用の靴、スニーカー
☆遊び道具
☆圧縮袋(ジップロックのような空気が抜けるもの)
☆オムツ・おしりふき(小さな子供がいれば)
☆おやつ

ただでさえ荷物が多いので、ジップロックのような圧縮袋があれば、
着替えた洋服も小さくなり、カバンにしまいやすくなりますね。

子供って本当に予測不可能なことがたくさん起こります。突
然熱を出したり、怪我したり…
いつもと違う環境になって緊張してお腹痛くなったり…。

念には念をということで保険証や医療証、
体温計や薬などは少しでも持って行った方がいいでしょう。

先日参加したキャンプで、もっと持っていけば良かったと思った持ち物は、
濡れてもいい靴をもう一足でした。
2歳過ぎの息子を連れて行ったので、いくら最初に言っていても、
小さな息子はすぐに言われたことは忘れ、
気づいた時にはすでに足は水につかっていました。

しかも、最終日の片づけをしている最中でしたので、
結局濡れたままで、
落ち切れていない泥を付けたままのサンダルで帰宅しました。

反省として、キャンプ場ではスニーカーは履かずに
生き返りだけのために車の中に保管しておくべきでした。
それと、ズボンも足りませんでしたね。

着替えたばかりの洋服で湿った地べたに座り、
転び、滑り…そんな遊びも楽しそうにしていましたが、
私の心の中は悲鳴が・・・汗

キャンプでなくてよかった持ち物

IMG_9598

料理をするとき、物があれば便利と思い
「ピーラー」「キッチンばさみ」を持っていきました。
帰宅してから片付けるとき、
持って行ったままの状態でカバンの奥底に入っておりました。
皮むきや切ることはすべて一つの包丁で解決しちゃうんですよね。

逆に、あってよかったものはまな板代わりの牛乳パックでした。
飲み終わったパックを洗ってから乾かし、
開いたものを大量に持っていきました。

野菜を切ったり、肉を切ったり、
まな板を一枚持っていっていちいち洗いに行くよりも
軽くて消耗品になるので、とても便利でしたよ。

まとめ

持ち物ってどこに行くにも子供を連れて行くと大荷物になりますよね。

特に我が家には2歳半の息子と10か月の娘を連れて行ったので、
オムツの量が多かったです。

トイレトレーニング中の息子は、もちろんキャンプ場のトイレに行きたがらず、
オムツに大も小もしていました。(来年大丈夫かしら?)でも、
オムツは消耗品なので、帰りには荷物もすっきりして帰ってこれます。

テントや食材などのほかにも自分たちの着替えもある中、
子どもたちの持ち物はサイズは小さいけど量が多い!でも、
必要最低限のものをリストアップして準備をすれば、
きっと余計なものを持っていかずに済みます。

楽しく準備して、楽しいキャンプになりますように!

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る