赤ちゃんの夏バテの症状と対策はコレ!離乳食におススメなレシピをご紹介!

c201209131200

梅雨もあけると急に気温が上がり、
今まで通りに子どもたちと元気に外へ出て遊んでいたりすると

「なんとなく体がダルイなぁ」
「食欲がないなぁ」

など急な疲労感が出てきたりしますよね。
それ、夏バテかもしれません。

大人は症状に気づいてのどごしが良いものを食べたり、
水分補給したりして対策をとったりできますが、

赤ちゃんは自分で表現できない分、ママが注意して
気付いてあげなくてはいけません。

では赤ちゃんの夏バテの症状はどういうものなのでしょうか。
効果的な夏バテ対策と夏バテにおススメの離乳食レシピをご紹介致します!

スポンサーリンク

赤ちゃんの夏バテの症状とは?

なんとなく元気がない
離乳食を食べない
下痢や吐き気
熱っぽい

 いつもと様子が違うなぁと感じたら、
まずは夏バテの症状を疑ってみましょう。

症状が悪化してくると熱中症などの病気になっている
可能性もありますので、心配であれば、受診されてもいいかもしれません。

ではなぜ夏バテになってしまうのか原因を見てみましょう。

夏バテの原因
  • 暑い日は寝苦しくて深い睡眠が得られないため、体がだるくなってしまう。
  • 室内と室外ではクーラーなどで気温差が激しいので、自律神経が乱れてしまう。
  • 冷たいものの食べ過ぎや水分の摂り過ぎ(胃液が薄まってしまう)により
    胃腸の働きが悪くなることで、消化不良・食欲不振などを引き起こしている。

ということが挙げられます。

赤ちゃんは代謝がいいため、汗を大量にかきますから
外出時などはクーラーの急激な冷えで風邪を引いたり自律神経が乱れてしまいますよね。

いつもよりぐずりが酷い場合は、夏バテの可能性がありますので
しっかりと対処してあげましょう。

赤ちゃんの夏バテ対策はコレ!

lgf01a201302040500

一度夏バテになると回復までに時間がかかりますので、
やはりばっちり対策をして夏バテを予防してあげることが大切です。

では効果的な夏バテ対策は?

対策➀

一番の対策は、外出時の帽子です。
直射日光を浴びるだけでも、体力が奪われてしまいます。

帽子をなかなかかぶってくれない子もいるかもしれません。
抱っこひもであれば、日傘をさして直射日光が直接当たらないように対策してあげてください。

対策➁

そして、水分補給です。
一気に多量を飲むのではなく、こまめにのどが乾いたら潤す…程度で大丈夫です。
水や麦茶を水筒に入れて持ち歩くのが良いです。

対策➂

さらには、クーラーのきいた室内と、蒸し暑い室外の行き来も気を付けましょう。
室内外の温度差が5度を越えると身体の温度調節がうまくできなくなります。

エアコンは28度以上の設定がオススメとされています。
デパートなど、公共施設に行くときには、温度変化に対応できるように、
はおりものを一枚持ち歩いて対策をしておくといいですね。

対策➃

また十分な休養や睡眠も大切な予防の一つです。
生活リズムを崩さないよう日々の生活で心掛けてあげてください。

「生活習慣の見直し」をして夏バテ対策を万全にしましょう。

スポンサーリンク

赤ちゃんの夏バテにおススメな離乳食レシピ

 夏バテには何がいいのか。食材から見てみましょう。

赤ちゃんの夏バテに最適な食材はコレ!
  • 果物や野菜のすりおろし
  • 牛乳や玉子などのビタミンA
  • 豚肉のビタミンB1
  • ブロッコリーやキウイのビタミンC
  • 豆腐や納豆魚介類のタンパク質
 

大人が夏バテの際に、食事をするものといえば、
のどごしが良いものや冷たいもの。赤ちゃんも同じです。

果物や野菜のすりおろしの離乳食は、すんなりと食べてくれるでしょう。

次にビタミンA。
ビタミンAは、皮膚や粘膜の正常保持、視覚の正常化、成長を助けてくれる効果があり
牛乳、玉子に多く含まれています。

ビタミンB1
は糖質がエネルギーに変わるのを助けてくれる働きをしてくれるのですが、
豚肉にはビタミンB1が豊富に含まれています。

そして、ビタミンC。
代表的なものはレモンです。
ほかには、キャベツやピーマン、ブロッコリー、大根にも多く含まれています。

夏にはゴーヤもたくさんスーパーや八百屋さんに並びますね。
ゴーヤにもたくさんビタミンCが含まれています。

最後に、豆腐や納豆、魚介類は身体をつくる役割を果たす、
タンパク質が多く含まれています。

豆腐は離乳食初期の赤ちゃんでも、
舌でつぶせるかたさなので難なく食べられますね。

ちなみに、絹豆腐は、レンジで数秒温めると口当たりがなめらかになり、
のどが通りやすくなりますよ!

それではこれらをもとにオススメレシピをご紹介いたします。

☆野菜たっぷり!玉子とじうどん☆
o0342024711362406386

材料:
うどん
にんじん
ブロッコリー(つぼみの部分)
大根
ほかお好きな野菜

作り方:
➀材料をすべてくたくたになるまで煮ます。
➁火を止めて、溶き玉子を鍋を一周するように流し込んだらそのまま2~3分ほど蓋をします。
➂器に盛り、食べやすい温度になったらできあがりです。

量と大きさは、お子さまに合わせてください。

〇デザートには、すりおろしたフルーツでサッパリ食事をしめくくるとGOOD!

まとめ

 季節の変わり目って体調を崩しやすくなる時期ですよね。
季節関係なく、暑い夏でも、寒い冬でも自分の限界を知らず(笑)、
元気に遊びまわるのが子どもたちです。
ですが、体調管理は子ども自身ではできません。

なので、周りの大人が、子どもたちの体調管理、
もちろん自分自身や家族の体調管理に気を配ってください。

そして、もし夏バテや熱中症など体調不良に見舞われてしまったら、
まずは水分補給、それから食事を見直してみてくださいね。

病にかかるといつも「元気であることが何よりも幸せだなぁ」と感じることが多いです。

大人も子ども笑顔が一番です!

元気に笑顔で暑い夏を乗り越えられるように、
夏バテになる前に「生活習慣の見直し」を始めてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る