重陽の節句とは?菊と食べ物にまつわるたしなみと雛人形のヒミツ

475f6e68ca9c47890b18a98df583a58c_s

9月9日は重陽の節句って・・・・
そんなにメジャーな節句ではないですよね。

娘が年中になり季節の行事や風習を一緒に
学んでいく中で実は意外にもとても重要な節句だった
ということを知りました。

子供と一緒にいると、いろんな新発見がありますね!

そこで、今日は重陽の節句とは何なのか?
また菊や食べ物にまつわること、
3月ではないのに雛人形が出てくるワケなど

家族みんなでたしなむためにご紹介いたします!

スポンサーリンク

重陽の節句とは

8d50b297761cede56336ecaab3d6a1d0_s
9月9日の重陽の節句
別名菊の節句とも言われています。

5つある節句のうち他の節句は、

1月7日 七草の節句(一年の無病息災を祈願)
3月3日 桃の節句(女の子の成長を祈願)
5月5日 端午の節句(男の子の成長を祈願)
7月7日 七夕(文筆上達や商売繁盛を祈願)

ですが、
重陽の節句は不老長寿を祈願するものであり、
昔は5つの節句の中で9月9日の重陽の節句が一番重要とされて
いました。

重陽の節句で菊の持つ意味

9b8aa1d5a03fa4425dee4e4876f0da4e_s

江戸時代には節句の中で一番人気だった重陽の節句ですが、
その理由の1つとして

大好きな花のお風呂に入れる!

というのがありました。

邪気を払うため、旬に合わせた薬湯に入るしきたりが
あったそうなのですが、

は江戸時代にとても人気があった花で、
古くから薬草として用いられ、
長く開花していることから、長寿をあらわす花とされてきたそうです。

乾燥すると香りが引き立つので乾燥させたものを湯船に
入れるととてもいい香りがしますので、昔の人はそれを
楽しみにしていたんですね。

その大切な菊に対しては、
重陽の節句の前日に
綿をかぶせる
のがたしなみとなっています。

白い菊⇒黄色い綿
黄色い菊⇒赤い綿
赤い菊⇒白い綿

をそれぞれ被せるんだそう。

被せ綿で1日菊を覆った翌日に綿を取り、
その綿できれいに菊を拭うと不老長寿になると言われてきました。

その綿に菊の香りがうつるので、綿も芳香材として使えますね。

重陽の節句で雛人形なワケ

dc01979cc65f76cbafc2de842e434c46_s

3月3日は雛人形
5月5日は鯉のぼりや兜を
飾るのはみなさんご存知ですよね。

では重陽の節句の時期に飾るものとは
一体なんでしょうか?

実は・・・

雛人形なんです!

江戸時代の後期に始まった「後の雛」という風習で
「健康長寿」、「虫干し」を兼ねて雛人形を飾ったんだそう。

子供のためではなく自分たちの健康長寿のために飾るので
大人の雛まつりとも言われていらしく、
現在は、大人の方がこの時期になると
小さな雛人形を買うのがブームになっているみたいですよ。

スポンサーリンク

重陽の節句の食べ物と言えばなすと栗?

55f0d597da5e7628d1bca90bdc81494f_s
9月9日の重陽の節句が
江戸時代の人々に人気だったもう一つの理由に

ごちそうを食べられる!!

というものがあります。

秋の味覚として今でも人気の「栗」
とても貴重で美味しく当時から人気がありました。
お米事体も貴重だったため、
この特別な日に食べる「栗ご飯」
庶民にとっては大変なご馳走だったんです。

その栗と一緒にもう一つ。
「なす」を食べる習慣があります。

41958ac22a672880b7d389e628fe1311_s

9日になすを食べると病気にならないと言われていて、
食用菊や菊酒などと一緒に楽しみ、
邪気を払い長寿を祈願するというのがたしなみだったそうです。

そんな名残を受けて
現在でも重陽の節句と言えば
「栗」「菊」「なす」が定番になったのですね。

絶品栗ご飯を作るための下処理方法

e6cd6b4cfa63f021380233ed551f9765_s

栗はとても処理が面倒で美味しく炊き上げるのが
難しいもの。。。
という印象がありますが、

下処理をしっかりしておけば絶品栗ご飯に変身です!

難しいことは何もありませんので
是非試してみてくださいね。

下処理➀
栗は買ったら冷蔵庫へ!
栗を冷蔵庫に入れるという感覚ってあまりないかもしれませんが、
栗はは寒い環境に置くと、自分自身が凍らないようにしようとして
甘みを増してくれるんです。

保存するだけですから必ずやってくださいね。

下処理➁
沸騰したお湯の火を止めて5分間漬ける!
お鍋にお水を入れ沸騰させます。
一旦沸騰したら火を止め、すぐに栗を鍋に入れ、5分間漬け置きです。
そのあとは鍋から取り出しヘタを落とします。

落とした部分から上に引っ張ると、簡単に皮が剥けちゃいますよ!

下処理➂
皮をむいたら水に1時間つける!
皮が剥けたら後は、水に1時間ほどしっかり漬け置きします。
⇒これであくがしっかり出るため、ここはしっかり
 付けてくださいね。

難しい、手間、時間がかかる!と思っていた栗の処理も
この手順で行えば簡単に剥けてしまい、絶品栗になりますので
がんばりましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

節句といえば子供たちの行事というイメージがありますが、
大人も一緒に家族全員で健康を祈願できる
素敵な節句があったなんて・・・・

これはさすがにとても大切な節句だということがわかりました。

9月9日はなすの煮びたしに栗ごはん!
というメニューを是非作って家族で意味を噛みしめながら
お食事をしたいな~と思います。

皆さんも是非お試しください。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る