七五三で男の子はいつやるの?3歳や7歳でやるのはOK?時期や準備を知ろう!

262188

七五三というと・・・

女の子の七五三は3歳と7歳で祝うと言うのは
すぐに浮かぶのですが、男の子は何歳で御祝いするのでしょう。

5歳だけ?3歳か7歳でもするの?
それとも全部OK???

そんな疑問をお持ちの皆様へ
男の子の七五三について
その時期と準備についてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

七五三詣とは・・

195138
子供が生まれてから、
日数や年齢での行事ってたくさんありますね。

お七夜(命名式)→七日目の夜。
お宮参り→男の子は31・32日、女の子は32・33日。
お食い初め→100日又は110日・120日。

『七五三』は7歳・5歳・3歳で祝う行事、
と言うイメージですが我が子がその年齢に近づいて、
「いざ七五三準備!」となると地域性や男女の違いなど様々です。

諸説ありますが、江戸幕府3代将軍徳川家光が
後の5代将軍綱吉(幼名・徳松)が病弱だったので、
無事成長することを祈って、袴着の儀式を執り行ったことから
11月15日に歳祝を行うようになったそうです。

現在は3歳、5歳、7歳のお子さんが無事に成長したことを感謝し、
これからの幸福と長寿を祈り、晴れ着を着てお参りする様になりました。

七五三で男の子はいつやるのが正しいのか

262184
七五三詣は、満三歳の男・女児、
満五歳の男児、満七歳の女児が神社にお参りします。

昔は数え年でした。
以下の様な儀式に由来しています。

-三歳の「髪置」-
平安時代は男の子も女の子も髪を剃っていて、
三歳の誕生日から髪を伸ばし始めました。

-五歳の袴着-
五歳になった男の子はその年の11月15日に
初めて「袴」をはいて碁盤の上で吉方を向いて立たせたそうです。

-七歳の「帯解き」-
女の子は七歳になると
着物の小袖に縫い付けられていた紐を取って、初めて、丸帯を締めました。

この様な行事は公家や武家の、
ごく限られた階層の間で行われていたものでした。

武家の習わしが時代と共に各層に広まり、
11月15日に七五三詣でとして神社に参拝する風習が定着したそうです。

このように本来の儀式の意味を知ると
『男の子は、三歳・五歳でお参りする』と言うのが納得出来ますよね。

七五三で男の子3歳はやるべき?

063076
男の子も3歳でお祝するのだと分かりましたね。

そこで、3歳でもやらなくてはいけないの?
と思う方もいらっしゃるでしょう。

そこが地域によって違いがあり、
本来関東では『七五三は、男の子は5歳』と言うのが一般的だったようです。

地域によっては

七・五・三のいずれかで一度お祝するケースもあれば、
七・五・三、の三回共お祝するところもあるのだそうです。

近頃は関東でも、三歳の男の子がお参りする姿が見受けられるようになりました。

七五三男の子7歳はやってもいいの?

2093db6e1e7a1de05db28814c6aed23b_s
また、7歳の男の子なのに
七五三をやっても良いのかしら?と言う方もいらっしゃるでしょう。

七五三は無事に成長したことを感謝し、
これからの幸福と長寿をお祈りする儀式です。

他の年齢でやってはいけないと言うことはありません。

ご兄弟に3歳の妹さんや5歳の弟さんがいるなら、
ご兄弟揃って晴れ着でお参りし家族写真を撮ったら素敵ですよね。

スポンサーリンク

七五三で男の子を祝う時期はいつがいい?

245592
『袴着の儀式』に倣って、
5歳で祝うのがスタンダードなのでしょうね。

3歳や7歳でやってはいけない、と言う事もありません。

ご兄弟の満年齢での七五三に合わせて、
数え年で該当年齢であれば一緒にお祝いする
事もあります。

お住まいの地域やご家庭の決まりごとがあるかも知れませんから、
パパ・ママのご両親に相談して下さい。

そこで両家の相違があれば、
やっぱり男の子だけに、パパが子供の頃に、七五三を何歳でお祝いしたのか
お姑さんに聞いて同じようにしてあげると良いのではないでしょうか。

七五三の男の子の準備

263927
数あるお祝いの中でも準備の大変な行事です。
まずは、ご家族の都合に合わせてお参りの日程を決めましょう。

11月15日に拘らず、
10月中旬から11月中旬頃までが良いでしょう。
11月15日以降にやる方もいますので
混雑を避けるほうがいいですね。

その他の準備項目を挙げていきます。

◇神社選び
・基本的には近所の神社にお参りします。ご家庭の事情で決めて下さい。
  神社で衣装のレンタルがお願いできるところもあります。
  御祈祷される場合は時間帯を確認しましょう。

◇衣装選び
・3歳でお祝いをする場合、
 お子さんによっては羽織袴を着せるのは不安な事もあるでしょう。
 羽織・袴も可愛らしいですし、 スーツや、
 シャツにベスト・ズボンの組み合わせ
のお子さんもいらっしゃいます。
・5歳のお祝いは、個人的には羽織・袴をお勧めします。
 5歳男児も、羽織・袴を着せると男らしく凛々しい姿が見られますよ。
・レンタルか購入か決めて手配しましょう。

◇髪型
・和装か洋装か、それに合わせて直前に整えましょう。

◇前撮り
・混み合う参拝の時期よりも前に、写真撮影を済ませる方が多いです。

◇お食事の予約
・両家の祖父母を招待しお祝いの席を設ける場合は、
参拝の時間帯を考慮して早めにお店に予約しましょう。

まとめ

七五三と言うと、
成長の節目の大きな行事で、決まりごとが多そうですが、
意外と『こうでなければならない』言う
格式ばった事柄は少ないので楽しくお祝いして下さい。

地域の風習や、ご家庭のしきたりなど、
周りの方にお話を聞いてみると
それぞれの特色や、子供の頃は気づかなかった
ご両親の思いを知る良いきっかけになるのではないでしょうか。

是非素敵な七五三をお過ごしくださいね。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る