マイナンバーとは何か?いつからどうなる!?簡単にわかりやすくご紹介!

9cfd73f32baff1f79425bd4f7ad32d85_s

10月から配布は始まるマイナンバー制度。

前々から耳にはしていたけど、
具体的にいまいち良くわからない。。。

便利になるからという政府の言い分ですが、
本当に便利になるのか?
逆に情報漏えいが怖い・・・・と不安にもなりますよね。

そこで今回はマイナンバーとは一体何なのか?
いつからはじまりどうなるのか?
いろんなカードと比較しながら簡単にわかりやすくご紹介します。

スポンサーリンク

マイナンバーとは

4e75516fc4cb003c172cc9b3b055274a_s

マイナンバーとは、国から発行される個人番号のことで
日本に住む国民の一人ひとりが所持することになります。

番号事体は12桁で構成されていて、
一生涯変わることのない番号、かつ一生使うものになります。

マイナンバー制度を導入したことにより、
国の立場から言えば

★行政の効率化が図れる
★不正を抑制でき公平で公正な社会になる
★国民としても利便性が上がる
というメリットを上げています。

地方公共団体等などで連携が必要とされていた作業も
重複を省けるので無駄な労力を削減できるというのは大きいですよね。

あとは不正な給付などが問題になりましたが、
一元管理することにより防止できますし
より公正な社会が実現されることが期待できますs。

具体的には来年からになりますが、
私たちの生活に直結しているところで言えば

★公的な証明書の発行などに使用したり
★身分を証明したり
★ポイントが還元されたり
★別々になっていたカード類を1枚にまとめたり

ということができるようになり
国民としてもわかりやすく、また簡単に手続きができるように
なりますが、一方で国に全てを把握されてしまう。。。という
デメリットもありますね。

マイナンバーはいつからどうなるの?

345000dc3115453a0827773c5a199460_s

マイナンバーはいつから配布され、いつから何に使えるのか?
具体的にスケジュールをご説明いたします。

2016年(決定)
身分証明証として
住民票・戸籍謄本
などにもなる!
印鑑登録証明書をコンビニで交付できるようになり便利!
図書館を利用したりe-taxにも使えるようになります。

2017年(検討中)
★クレジットカード
★キャッシュカード
★ポイントカード

の機能も付き利用できるようになる。(かもしれない?)

2018年(検討中)
<strong>★健康保険証
★運転免許証
★お薬手帖などとの統合

などに使えるようになる予定だそうです。

マイナンバーは簡単に入手できるの?

マイナンバーは簡単に手に入れられるのか?
取得方法をご説明いたしますね。

➀まず平成27年の10月から、各市町村から
住民票を所有している人には順番に通知が届きます。

➁その通知は「通知カード」と言うことで
そのままそれを使用することも可能ですが、
「マイナンバーカード」を発行したい場合は、
同封の書類に必要事項を記入し、投函。

➂平成28年1月からマイナンバーカードが手元に届きますので、
それがご自身のカードということで使用可能になります。

カードについて
ちなみにカード発行事体は任意ですので発行しなくても
通知カードがあれば問題ありませんが、
公的な身分証明書(運転免許証やパスポートなど)は
通常有料で作るものですので、
無料で作れる身分証明書ということもありお得かな?と思います。

今後は(時期は未定)手数料1000円など
有料で作ることになるようですので無料のうちに作ることをおススメします!

スポンサーリンク

マイナンバーは便利なのか?仕組をわかりやすく比較!

マイナンバーの仕組みをわかりやすく比較してみました。

個人情報の漏えい・流出は大丈夫?
比べてみましょう!

健康保険証・・・・・・・指名、性別、生年月日、たまに住所(身分証の基本4情報)
運転免許証・・・・・・・指名、性別、生年月日、住所(身分証の基本4情報)+顔写真
クレジットカード・・・・氏名、口座番号、(銀行によっては残高、利用履歴)
キャッシュカード・・・・氏名、カード番号、有効期限、
マイナンバーカード・・・指名、性別、生年月日、たまに住所(身分証の基本4情報)+顔写真+マイナンバー

ICチップが入っているので、この中にいろんな情報は入っているが、
多くの個人情報はサーバーで管理しているので大丈夫。
この点はクレジットカード等と一緒ですね。

暗証番号に生年月日を使うのは絶対にNG!!!
生年月日がすでに記載されているので、すぐに盗まれる
危険性が高いですので注意してください!

落としたり盗まれたりは自分で防ぐしかないですが、
不正読み取りに関しては、自動的にカードの中の情報を消去
される仕組みになっているそうです。
もし消去されても再発行してもらえばOK!

カードの中は大丈夫でもサーバーがアタックされたらどうなるのでしょうか?

意図的な情報漏えいや人為的ミスなどの危険性はあるりますから
政府には強固なセキュリティを絶対に実施してもらわないといけませんが、
個人でも
カードと暗証番号を一緒に盗まれることがないように
自己防衛は絶対にしましょう。

カードを受け取るべきタイミングはいつ?

4d94a9dce432d653fde26df971575c74_s

カードを持つタイミングはいつ頃がいいのでしょうか?

運転免許証のない人・・・2016年
            自分を証明できないのでカードを持ったほうがいい!

運転免許証のある人・・・2017年
            通知カードで代用できるので特に急は要さない。

供・・・・・・・・・・2018年
            無くさないような年齢になったら持ってもOKかも。
            お薬手帖や健康保険証と統合されたら便利でいい。

終わりに

いかがでしたでしょうか。

マイナンバーを少しわかってもらえたのではないかと思います。
便利になることは嬉しいですが、
その反面で危険と隣り合わせにもなりかねません。

ご自身のことはご自身で守れるように
しっかりと管理をしていきましょう。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る