マイナンバー国民個人のメリットはズバリ何?知らないと損する5大ポイント!

f05061a65c23024173ad5b73742554a5_s

10月から通知カードの配布が始まったマイナンバー。

ニュースなどでも度々取り上げられ
メリットやデメリットに関していろいろと言われていますが、

実際にまだ手元に届いてないし
使ってもないからあんまり内容をしっかりと
把握されていない方も多いのではないでしょうか。

デメリットも気になるところではありますが、
今回は国民である私たち個人にとってメリットとなる部分を
ご紹介していきたいと思います。

ズバリ!知らないと損しちゃうかもしれませんよ!

スポンサーリンク

マイナンバー制度のメリットデメリットとは

dd439b073790153ee98bb59d4efb9218_s
国民の味方になると言われているこのマイナンバー制度。

いろんな役所(市役所・税務署など)が
個人の情報をバラバラに管理していたものを一括で管理できるようになるので
行政としてもメリットが大きいようです。

★社会保障の行政手続き
★税

など一括管理できることが最大のメリットであり
手続きのスリム化が図れるんですよね。

アメリカではなりすまし被害5兆円
韓国も国民の7割の情報が漏えいしてしまった・・・
などデメリットもあり不安視されていますが、

日本ではこれらの例を反面教師に対策をしていくそうですね。

なりすまし防止として本人確認が必要。
☆対策として・・・

★表面に写真がついていて
★裏面にICチップ、QRコード付き
★24時間のコールセンターも開設予定

悪用した場合は、

★最大懲役4年
★200万円以下の罰金
を課せられます。

マイナンバーポータルって?

businessjournal_133141_0-small
マイナポータルとは?

再来年から開始が予定されているもので、
マイナンバーポータルと言う名前のネット上に個人専用サイトができます。

行政・自治体・民間企業などと連携されているサイトで
これを使うことにより、
行政手続きやサービスをネット上で簡単に受けることができるようになるのです。

いちいち役所に行かなくても家で手続きなどできたら嬉しいですよね。

★働いていて日中役所に行けない方、
★小さな子供を抱えて家を出るのが大変な方
★病気をしていて動けない方

などとても有難いマイナンバーポータルです。
早く開始してほしいですね。

マイナンバーカードはどうする?
edba01925f3675962388cccf6284d9af_s
マイナンバーカードは発行すべきかどうか?

マイナンバーカードは通知カードが来た際に
任意で発行できる身分証明書になります。

ナンバー事体はすでに付与されておりますが、
カードに関しては任意ですので発行の義務はありません。

ではマイナンバーカードは持つべきでしょうか?

メリットとしては・・・
通知カードのみ保持の場合は
運転免許証やパスポートのように写真がないので、
身分証明書にはならず、他の身分証が必要になるので
カードは任意だけど持っていたほうが楽。

特に免許証を持っていない人は、やっと公的な身分証明書が
作れる
ということになります。

さらに、免許証やパスポートは費用がかかりますが、
マイナンバーカードは費用がかかりません。
無料で身分証が発行できるのは大きいですね。

デメリットは・・・
カードですので、紛失するというリスクはあります。
紛失したら悪用されやすいし漏れやすいというのが最大のデメリット。
なぜなら、カードの裏に付与された12ケタの個人番号が
記載されています
から、紛失には要注意です!
このメリットデメリットを理解した上で
発行の有無を決めましょう。

とはいえ、すでにパスポートも免許証も紛失したら同じように
悪用被害は出ますので、マイナンバーだけが怖い!というものでは
ありませんから、今まで通りの意識で問題はないと思います。

スポンサーリンク

マイナンバーで国民個人が得られるメリットの5大ポイントはコレ!

d2e56a98e5c41b945171a3e92da3cb88_s
ポイント➀

マインアンバーで消費税が戻ってくる!

2017年に8~10%に消費税が上がると言われていますので、
還元されたら嬉しいですよね。
物を買う時に、マイナンバーカード提示することで
その際2%分のポイントが溜まり、後で還付されるという仕組みになります。

ポイント➁
引っ越しがスムーズに!

マイナポータルで公共料金などの住所変更が一度で済むようになります!
現在はガス、電気、免許、保険、水道など
引っ越しの際には1つ1つ変更が必要ですが、
それがマイナポータルで窓口になってくれるので1度の申請
ですべてを変更してくれるようになりますのでとても便利です!

ポイント➂
給付金のお知らせが自動的に来る!

厚生労働省、財務省、地方自治体などから
マイナポータルにお知らせが入るので、
いちいち自分で各省のHPなどをチェックしにいかなくても、
お知らせをしてくれるので便利になります。

給付金などのお知らせもマイナポータルに自動的に来るから
もらいそびれがなくなりますね。

PCできない・持ってない人もいるので、
スマホでできるようになるよう検討もされています。

ポイント➃
子供の予防接種の履歴が残る!

ママにはとっても嬉しいポイントです。
別の病院でも予防接種の履歴を把握できるようにということで、
導入される予定です。

現在のところはメタボ検診と予防接種のみ検討されていて、
マイナポータルではなくマイナンバーカードで管理されるのですが、
将来的には医療のカルテなども把握できるよう検討されています。

ポイント➄
災害支援金がすぐもらえる!

行政機関のたらいまわしが減り、支援などの対応が早くなります!
誰なのかすぐ確認でき、煩雑にならずに済みますね。

役所などのたらいまわしって本当にイライラしますので、
それが軽減されるのは大きいと思います。

☆注意点!
今回ご紹介したポイントは
まだ決定事項ではなくあくまで検討中の段階です。

しかし極めて実現の可能性の高いものを挙げていますので
これが施行されたら嬉しいですね!

まとめ

いかがでしたでしょうか。

情報漏えいなどが不安視されて
デメリットばかりが目につきますが、

メリットもいろいろとあるのですね。

どっちみち導入が決定している以上
どうせなら前向きにメリットを意識して
しっかりと活用していけたらと思う今日この頃です。

便利な世の中に感謝しましょう!

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る