大久保嘉人の嫁が胞状奇胎で家族が丸刈りでサポート!妊婦に襲う病気の体験談をご紹介!

lgf01a201306110500

川崎フロンターレで大活躍する大久保嘉人選手の奥様(嫁)が
胞状奇胎という病気になったということを
大久保嘉人選手がブログで公表しました。

家族みんなで奥様をサポートすべく丸刈りに!

実は、私も胞状奇胎経験者なのですが、
抗がん剤を使うため髪の毛が抜けてしまうんですよね。

その気持ちを和らげるべく丸刈りになったそうです。

スポンサーリンク

大久保嘉人の嫁がなった胞状奇胎という病気とは?

大久保嘉人選手の奥様(嫁)がなってしまった胞状奇胎。

これは、簡単に言うと
赤ちゃんになる「胎芽」が通常ですと普通に着床しおなかの中で
1つの命として育っていくのですが、

その胎芽に絨毛という毛がたくさんつき、
見た目がブドウのようにどんどん増加していきます。

それをそのまま放置すると妊娠継続が難しいだけではなく、
癌化して絨毛癌になってしまう恐れがある病気なのです。

妊婦のうち流産する可能性のある割合は8人に1人と言われていますが、
この胞状奇胎に関しては300人に1人の割合で発症すると言われています。

私の場合、
心拍が確認できる前に、
「あれ?もしかして双子かな・・・」なんて言われました。
要は、胎芽が1つじゃなかったってことですね。

その後心拍が確認できず
「残念ながら流産ですね・・・手術をしましょう」と言われ、
手術をした後に
「胞状奇胎でした・・・。」と打ち明けられました。

胞状奇胎の場合、先ほども言いましたが
癌化してしまっては大変なので、
ブドウのように増加した絨毛たちを1つ残らず手術で排出しなければいけません。

1回でも嫌な堕胎手術を、翌週また同じく麻酔をかけられ
再度同じ手術をしました。

スポンサーリンク

胞状奇胎はなぜ抗がん剤が必要なの?

この病気は転移が一番怖いんです
赤ちゃんの細胞もママ自身もまだ若いですから
癌化しちゃったら進行がすごく早いんですよね。

だからこそ、毎月毎月血液検査をして経過観察をして、
他へ転移していないかどうかをチェックします。

妊娠していると出る値があるのですが、
手術をした後にもこの値がでていると転移(もしくは残っている)している証拠。

手術でもしきっちりと取り除けていなかった場合や
他へ転移してしまっている場合
などに起こります。

私の友人でも胞状奇胎になった子がいましたが、
どうしても赤ちゃんを産みたくて先生に反対されても手術をしませんでした。

そうしたら、3か月後には母子ともに帰らぬ人となってしまったのです。
それくらい進行が早く恐ろしい病気ではあります。

だからこそ数値がわるければ即刻入院してすぐに抗がん剤治療を開始です!
しっかりと治療をして前向きにがんばれば、
完治するケースはとても多いのも事実ですから
必ず先生の指示に従うことが大切ですね。

胞状奇胎の予後は?妊娠できる?

胞状奇胎は予後はとても良好なんです。

抗がん剤治療は大体長くて2年ほどかかります。
抗がん剤の副作用で髪が抜けたり辛い思いもたくさんしますが、
その先にはまた新たな人生が待っています。

治療期間は長くても、完治が見込める病気であることから
妊娠も可能!

たくさんの女性が強い意志をもって抗がん剤治療をし、
良好な予後を期待して前向きにがんばった結果
二人、三人と妊娠・出産されています。

私は幸い抗がん剤までには至らず
1年間の経過観察の末妊娠できました。

しっかりと手術で全部取り除いてくださった先生に感謝ですし、
転移をしていない早期の段階でわかったことに感謝です。

まとめ

今回大久保嘉人選手の嫁が病気になったということで
取り上げられた胞状奇胎。

原因は本当に不明なので
どんな妊婦さんにも発病する可能性はあります。

だからこそ!
しっかりと正しい知識を持って恐れず
行動してほしいと思います。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る