七五三の着物の着付け女の子編!3歳被布や7歳帯を結ぶ方法や準備に必要なものをご紹介!

e7510b009e7aec1f000c1d634e39c6bd_s

すっかり涼しくなってきて、秋めいたと思ったら、
あっという間に七五三の時期がやってまいりました。

某写真館の前を通ると大きく七五三の宣伝パネルが出ています。
かわいらしい着物を着た女の子、かっこよく決めてる男の子がとってもまぶしい!

親がとても楽しみにしている行事ですね。

今回はそんな七五三の着物で3歳と7歳の女の子の違い、
被布の着付けや帯の結び方、それぞれ準備に必要なものなど
着付けに関してご紹介いたします!

スポンサーリンク

七五三で女の子の着物の種類は?

t02200331_0680102412730988006

七五三の着物にはどんな種類があるのでしょうか?

ただでさえ着物を着ることは慣れてない子どもにとっては一苦労。
なのでわずか3歳の小さな子が苦しくないように被布を着せることが一般的です。

7歳になると大人と同じように帯を締めます。
着物についていた紐を結んでいたものが、
帯を締めることにより、大人への第一歩となるんですね。

生地の種類としては、
友禅染のものや小紋柄で刺繍が入ったもの
また被布と着物の生地をお揃いでないものなどさまざまな種類があります。

また、刺繍衿を付けて華やかにして挙げたり、
白衿に重ね衿をつける
ことでとても豪華に表現したり。

衿の種類もたくさんありますので、
そこで差をつけても可愛いですね。

また、7歳では正絹の着物の種類が豊富なのに対し、
3歳では圧倒的にポリエステルの着物が多いです。

3歳ではまだ食べこぼしや汚れを付けてしまうケースが
多いですから、簡単に洗えるポリエステルは親も気兼ねなく
着物を楽しめて使い勝手が良い
と思います。

七五三の着物は3歳と7歳では何が違うの?

yun_5354

七五三は子を思う親の気持ちが儀式となった神聖なものです。

3歳「髪置の祝」
7歳では「紐落としの祝」

と呼ばれる儀式となります。
それぞれの着物は何が違うのでしょうか。

3歳の着物では、
三ツ身か四ツ身の着物を肩・腰それぞれ揚げて着せ、
「被布」と呼ばれる袖のない上着を重ねます。
晴れ着に兵児帯を結んで被布を着ます。

7歳では、本格的に帯を結んだ振袖に帯付き着物を着るようになります。
3歳の時の七五三とは違いかなり豪華で大人になった気分になりますね。
成人式と着物との違いは、肩揚げをして、

★筥迫(化粧ポーチ)
★扱き帯(帯の下に結ぶもの)
★末広(扇子)
が付くということです。

もちろん3歳でも7歳のように着物を着てもOKですが、

★長時間着るのは辛い
★3歳しか被布を着られない
という理由から非常に見かける頻度は低く被布が人気です。

七五三の着物の着付けに必要なものは?

O0000115-003 (1)

それでは、着物の着付けに必要なものは何があるのでしょうか。
3歳と7歳で持ち物を比較しました。

 ☆3歳の着付けに必要なもの      ☆7歳の着付けに必要なもの
 ⇒着物                 ⇒着物    ⇒しごき
 ⇒被布コート             ⇒襦袢    ⇒扇子
 ⇒袖なし襦袢             ⇒結び帯   ⇒足袋
 ⇒草履                 ⇒草履    ⇒腰ひも2本
 ⇒足袋                ⇒バッグ   ⇒和装ベルト
 ⇒巾着                ⇒箱せこ ⇒だて締め
 ⇒腰ひも2本             ⇒帯揚げ   ⇒頭飾り
 ⇒頭飾り               ⇒帯締め

リストを見るとやはり、7歳の着付けが本格的になってきているのがわかりますね。

スポンサーリンク

七五三で3歳の女の子の着物(被布)の着せ方

3歳の女の子の着物(被布)の着せ方はどうしたらいいのか?
では、実際に着せ方をご紹介いたします。

着物の着せ方
➀長襦袢を着せて、腰ひもを結びます。
➁衿元はぴったりと合わせます。
➂着物を着せて腰ひもを結びます。
➃裾はくるぶしくらいに合わせ、半衿は1~2センチほど出します。
➄被布を着せて、シワを整えて完成です。

なんといっても3歳の女の子なので、
ずっとじっとはしてくれないかもしれません。
なので被布を使って簡単に着付けをしちゃいましょう。

予習をして本番、短時間での勝負になりますね。

七五三の着物7歳の女の子の着付け方法

それでは次に7歳の着付け方法もご紹介いたします。

着付け方法
➀長襦袢の衿を首に沿わせるように着せ、和装ベルトで胸下のあたりで締めます。
➁着物を着せ、上前で着丈を身幅を決め、腰ひもで締めます。(裾は足の甲すれすれ)
➂腰ひもを締めた後、前と後ろの丈を整え、おはしょりを整えます。
➃半衿は1.5~2センチほど出すように衿を合わせて、おはしょりを綺麗に合わせます。
➄衿やおはしょりを崩さないように腰ひもを締め、結んで余ったひもは入れ込みます。
➅後ろシワは両サイドに寄せて綺麗にし、おはしょりの中に手を入れて、整えます。
➆余った布部分を調整し、伊達〆を巻きます。着物の衿合わせから約30センチほどが良いでしょう。
➇作り帯をつけます。胴に巻き紐を前側で結び帯の中に入れ込みます。
➈帯に付いているヘラを背中の中央に差し込み、紐を前側で結びます。
 帯揚げを付け、帯締めを結びます。
➉しごきの準備をします。まず、半分に折り、さらに内側に三つ折りにし、完成です。

しごきを巻き、帯の中央よりやや左側で蝶結びをします。
箱せこや扇子等を飾って完成です。

七五三の着物で帯の結び方はコレ!

着物もさることながら、帯の結び方は難しいですよね。
しっかりと動画を見ながら確認してみてください。

何度も練習することで上手にできるようになりますから
頑張ってください!

☝帯を結ぶ前に・・・・
おはしょりの長さは帯の下から7センチくらい出るとかわいらしく仕上がります。
おはしょりが長すぎる場合はつまみあげて調整してください。
左手で抑えておはしょりと腰ひもをクリップで留めます。
後ろも同じように持ち上げ、
前で留めたおはしょりの流れが自然につながるようにできたらクリップで留めます。
持ち上げたおはしょりを平らにし、腰ひもなどで抑えます。

今回は二部式の帯の結び方のご紹介です。

二部式帯の結び方
➀胴の部分を巻き付けます。左脇から巻きつけ、子供用の帯板を挟み、クリップで留めます。
 緩まないように体に巻き付け、背中で帯端を斜めに折りあげます。もう一度帯を締め、クリップで留めます。
➁帯に付いている紐をわきで結び、帯の中にしまいます。
➂帯の上部に帯枕を差し込み、後ろ帯の土台とします。結び帯を着物と帯の部分に差し込みます。
 紐が2~4本あるので、背中に帯がぴったりとくっつくように前で結びます。
➃帯揚げは、帯枕を隠すように前へ結びます。左から来た帯揚げをまっすぐ帯の上を沿って、
 わきで帯の中にしまい込みます。右からきた帯揚げは少し、左上がりになるように差し込みます。
➄そして、帯締めを締めます。衿合わせと同じように交差し、一回結びます。
 上の紐を折り返してもう一回結びます。左右の紐をそれぞれ、上から下へとはさみこみ、端が上へ出るようにします。
➅最後にしごきを巻きます。まず、しごきの中心を取り、3分の1に折ります。
 さらに半分に折って幅が5センチくらいになるようにします。クリップで留めておくと作業がしやすくなります。
➆後ろ左下からスタートします。しごきの中心をクリップで留めます。
 帯に沿わせるように、左右どちらかを一巻きします。クリップを外して、しごきをしっかりと締め、
 再度クリップで留めます。前に巻いたしごきとずれないように反対側も一巻きします。
➇衿合わせと同じように重ねて、上に来ているしごきを下からすくって上から出します。
 一回結び、片方を帯締めに通します。一回結んで蝶結びをします。

箱せこや扇子などを飾って完成です。

まとめ

毎日目まぐるしく生活していると
あっという間に七五三の時期が来てしまいますよね。

我が家の息子も本当ならば七五三の時期ではありますが、
3歳ではやらず、5歳で袴を着せようと思っております。

下の娘もその時に3歳の七五三ができるので、息子はかっこよく、
娘はかわいらしく仕上がるといいなぁと今から楽しみにしています。

七五三は着物レンタルもありますし、お宮参りの時に使った着物を使う方も多いです。
思い出に残る七五三のお祝いができますように。

そして、いいお天気になりますように!

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る