七五三の髪飾りは手作りで!ちりめんつまみ細工の作り方や簡単に100均でも出来ちゃう方法

0ebb6c6a456217a343fdc7083044dabb_s

秋も少しづつ深まってくると
神社で七五三詣りのお子さんの姿を見ることが多くなります。

和装でお詣りの女の子の髪には可愛らしい髪飾りを付けておられますね。

女の子を持つお母さんなら、
手作りで髪飾りを作ってみてはどうでしょうか?

お母さんお手製の髪飾りでお詣りしたら
とてもいい思い出にもなるのでお勧めです。
100均やちりめんのつまみ細工の作り方など
可愛い髪飾りが簡単に作れる方法をご紹介します。

スポンサーリンク

七五三での髪飾りについて

o0461034612271585601

七五三の髪飾りも色々なものが出回っているので、
見ているだけでも目移りするほどなので
ついつい見た目の好みで選んでしまいがちですが、

着る着物や帯の色柄に合わせて、
その一色を取り入れると統一感のある仕上がりになります。

同じ色を使うと無難に仕上がりますが、
少しメリハリをつけたいなら反対色を選ぶのもお勧めです。

髪をアップするスタイルも伝統的な日本髪のようなスタイルと、
現代風のスタイルがあるので飾りの種類もそれに合わせるといいですね。

三歳の七五三の場合は、パッチンと止めるピンが付いた髪飾りが良いでしょう。
まだまだじっとしていられなくて走り回ることも考えられるので、
抜け落ちやすいかんざしや櫛は避けるのが良いでしょう。

七五三の髪飾りで簡単に手作りできちゃうものってある?

yun_5354

和装の髪飾りの既製品はたくさん種類もあって可愛らしいのですが、
結構いいお値段がついているので、
一度きりの事にはもったいないと考えるお母さんもおられると思います。

それでも可愛い飾りをつけてやりたいと思うお母さんには手作りがお勧めです。

一見難しそうでも、
意外に簡単に出来るものもあるので、チャレンジしてみてはどうでしょうか?

お母さんのお手製の髪飾りできっとお子さんも喜ぶことでしょうし、
何よりいい思い出になると思います。

大きなリボンの髪飾りや、本格的なつまみ細工の飾りも簡単に作ることが出来るので
近頃は手作りするお母さんも増えているようです。

七五三の髪飾りはちりめんで♪

b9e583a02b702dd7709878a74b9c709a_s
七五三の和装に合わせる髪飾りはちりめんの布を使うのが
簡単に和風に仕上がるのでお勧めです。

ちりめんの布は、手芸用品店やネットでも手軽に購入することが出来ます。
小さい端切れでできるので手軽に作ることが出来ますね。

ちりめん生地【2mまでメール便対応】ちりめん生地・和布・古布・ハ...

ちりめん生地【2mまでメール便対応】ちりめん生地・和布・古布・ハ…
価格:77円(税込、送料別)

ちりめん生地【2mまでメール便対応】ちりめん生地・和布・古布・は...

ちりめん生地【2mまでメール便対応】ちりめん生地・和布・古布・は…
価格:77円(税込、送料別)








ちりめんを使った小さい花を集めた髪飾りや、藤の花が垂れた下り藤も人気があり、
これはどちらもつまみ細工という手法で作られています。

小さい花を格好よく作るには難しい技が必要な感じがすると思いますが、
実は簡単にできる方法があるんです!

七五三の髪飾りでつまみ細工の作り方

針も糸も使わないで、簡単につまみ細工を折り紙のように作る方法をご紹介します。

☆カンタン!つまみ細工の可愛い花の髪飾りの作り方

~準備するもの~
ちりめん素材の生地  4~5㎝角の正方形の布を5枚(花びら)
花芯にするための細いひも(3㎜位の太さ)   10㎝(結び目を作るので多めにしています)
木工用ボンド
ピンセット(なくてもよいがあると便利)
お手拭き(手についたボンドを拭うためなのでウェットティッシュでもOK)

~作り方~
① 正方形の花びらの布の2辺の端にボンドを付けて三角に折り曲げます。
② 逆三角形の向きに置いて、下になる角の部分の2辺のどちらも半分までボンドを付けます。
③ 逆三角形の向きのままで中央の線に向かって両端の角を折りあげます。
④ 折りあげた部分の下半分にボンドを付け、上に出ている角の部分両方を下に折り
  ボンドを付けた部分にくっつけます。
⑤ 花びらを表に返して形を整えます。同じように残りの花びらも完成させましょう。
⑥ 花びらが5枚揃ったら、とがった方の先をカットして整えます。
  (ボンドが渇いているのを確認してからカットしましょう。)
⑦ 5枚の花びらを花の形に組み合わせていきます。一枚の花びらの端にボンドを付けて
  となりに来る花びらを上から重ねます。同じように5枚を連結させ1輪の花に仕上げます。
⑧ 花芯になるひもを端が1㎝ほど残すようにして一結びします。
⑨ 長く残った方も端が1㎝になるようにカットしてから、端を両方目打ちなどを使って
   ひもをほぐします。
⑩ 結び目を中央に半分に折ります。同じものを3つほどで程よいボリュームになりますが
   ひもの太さによって数を調節しましょう。
⑪ 結んだひも3つを合わせて結び目にボンドを付けて先ほど出来上がった花の中央に
  埋め込むように貼りつけます。
スポンサーリンク

七五三の髪飾りでリボンの作り方は?

お花の髪飾りよりももっと簡単に可愛く出来るリボンならもっと手軽に作ることが出来ます。
大正時代の女学生のような大きいリボンは華やかで目に留まることでしょう。

大きくて格好よく可愛く!簡単リボンの作り方

~準備するもの~

着物の生地a     34㎝×20㎝の長方形 1枚(リボンの上の部分になります)
   生地b 32㎝×17㎝の長方形 2枚(リボンの下の部分になります)
   生地c     8㎝×14㎝の長方形  1枚(リボンの上下を合わせる中央部分になります)

手芸用品店や呉服屋さんのワゴンセールでも時々見かけます。
着物を仕立てた時にもらったものでもいいですね。
最近では和小物用に着物地の端切れを売るネットショップもあるので探してみましょう。
この生地の柄で可愛さが変わるので生地選びは慎重に…。

~作り方~
① 生地aを横長に置いて、下側の辺の端から端までボンドを付けます。
② 上半分を中心線に向かって折って、その上に先ほどのボンドを付けた部分を乗せるように
  折りあげてくっつけます。(筒状になります)
③ 横長の状態に置いた、縦の中心線に向かって両端を折ります。この時中央を1.5~2㎝
  開けた状態で内側にボンドを付けて貼ります。
④ 筒状になっている内側にもボンドを付けて貼っておきます。
⑤ 中心部分の上下の端にボンドを付けて中央で合わせてしっかりと止めます。
⑥ 表に返して、中心にボンドを付けて合わせます。(リボンの上側完成です)
⑦ リボンの下のたれの部分を作ります。
⑧ 生地bを横長に置き、上側の時と同じように下端にボンドを付け、上半分を中心線まで折り
  下半分の生地をボンドのついた部分だけ重ねるようにして折りあげて貼り合わせます。
⑨ 右半分を左に重ねるように折ります。(この左端は2㎝開けておきます)
⑩ 上になった生地をいったん戻し、上の生地が重なっていた部分だけボンドを付けます。
  上下と左の端にボンドを付けます。
⑪ 右半分の生地を戻して重ね、固定します。
⑫ 筒状になった輪の中にもボンドを付けて貼ります。(これで下のたれの片方が完成です)
⑬ もう片方のたれも同じように作りますが、横長の状態から半分に折るときに、
   左半分を上に重ねてずらしましょう。(一つ目のものと左右対称になるように)
⑭ たれの両方の、生地を2㎝ずらして開けた部分を重ね合わせてボンドで貼ります。
⑮ 中心部分の上下にボンドを付けて、中心で合わせて貼ります。
⑯ 表に返して、中心にボンドを付けて合わせます。(下の部分完成です)
⑰ 上の部分と下の部分を合わせていきます。
⑱ 生地cを縦長の状態に置き、左右の端にボンドを付けます。
⑲ 縦の中心線で合わせて貼ります。
⑳ 先ほどのリボンの上下を合わせて貼り合わせたものを⑲でくるんでリボンの形にします。
  生地と生地が重なるところにはしっかりボンドを付けて貼り合わせておきましょう。
㉑ 最後に中心の裏側になる部分を貼り合わせたら完成です。
㉒ ピンやゴムなどを付けるなら、ボンドが渇かない間に挟みこんでおくのがいいです。

七五三の髪飾りを100均アイテムで作る方法

身近にある100均アイテムでもっと手軽に作りたいという方にお勧めなのが
100円ショップに売ってある造花を使ったコサージュがお勧めです。

好きな色の花を自由に組み合わせて、作ってみましょう。

花の種類は洋花が多いですが、七五三やお正月の季節には
和花も置いてあることがある
のでいくつかチェックしてみるといいでしょう。

売ってあるものはいくつかの花が束になっているのでそれを一つ一つ分解して
組み合わせて固定していくので、組み合わせも自分の好きなようにアレンジ出来ます。

組み合わせる花の数や大きさでボリュームも自由に調節できるので
お子さんの年齢や髪の長さや髪形に合わせてアレンジしてみましょう。

花や髪につけるピンやクリップなどを固定するのは、グルーガンという工具を使います。
プラスティックの棒をピストルのような形の機械にセットして熱で溶かした状態で使用します。

解けたプラスティックを固まらないうちに固定したいものにつけましょう。
大変熱くなるのでやけどには十分注意しましょう。
(特に小さいお子さんの近くでは使わない方がいいですね。)

このグルーガンは100円ショップでも売られていますし、手芸用品店にもあります。
(個人的には手芸用品店のものの方が使いやすいと思います。)

☆100均アイテムの造花アレンジの髪飾り

~作り方~

➀丸く切った土台になるボール紙の上に、先ほど述べたように解体した花を一つ一つ
グルーガンで固定しながら乗せるように貼り付けていきます。
*あらかじめどの部分にどの花を置くのか考えておくといいでしょう。
➁大きい花をまず配置して、間を埋めるように小さい花を置いていき、
中心部分が盛り上がるようなドーム型になると格好よく仕上がります。
➂土台になるボール紙も、手持ちの目立たない色合いの布で包んでおくといいでしょう。
➃ピンは最後に土台の裏側にグルーガンで固定しましょう。

まとめ

お子さんの一生に一度の七五三に
お母さんの手作り髪飾りで飾ってあげることは
とてもいい思い出になりますね。

針や糸を使わなくても、簡単に出来るので
どんどんチャレンジしてみましょう。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る