七五三の着物を男の子3歳と5歳に着付ける方法は?髪型や準備に必要なものはコレ!

free-illustration-shichigosan5-irasutoya

七五三の時期が近づいてきました。

近頃では、11月15日に七五三をお祝いするのではなく、
各々の都合のいい日にお参りをしにいく方が増えています。

しかし、どのご家庭も
子供が健康にすくすく育ってほしいという願いは変わりません。

さて、今回は七五三の着付け、
男の子編です!やんちゃな男の子も物静かな男の子も着付けをすれば、
男らしく成長を感じられるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

七五三の着物で男の子の種類

262188 
3歳のお祝いには、着物に袴を着用するケースも多いですが、被布を着せるのが一般的です。
わずか3歳の男の子がじっと着付けが終わるまで待てるかどうかは…難しいところですね。

 また、5歳の男の子の着物は、
羽二重の五つ紋付きの熨斗目(のしめ)模様の長着に羽織、
あるいは、色紋付の長着に羽織になります。袴は仙台平か、塩瀬羽二重を着ます。

七五三の着物は3歳と5歳では何が違うの?

七五三
七五三のお祝いは特に男の子は3歳でもお祝いをするのか悩まれるご家庭も多いかと思います。

お祝いをするかどうかは、地域によって異なったり、
あるいはご家庭のご都合でお祝いをするかどうかを決定することも多いです。

我が家は息子が数え年で今年3歳。
ですが、早生まれなので、
実年齢5歳の時に学年が2つ離れた娘と一緒にお祝いをしようと考えています。

 3歳のお祝いは、3歳から髪の毛を伸ばし始めるという「髪置」と呼ばれる儀式。
5歳のお祝いは、初めて袴をつけることから「袴着」と呼ばれる儀式。

お宮参りで使用した着物を、七五三でも使用するというケースもよく見られます。
袴を身に着けるということは、子どもから大人への一歩を踏み出すという意味が込められています。

七五三の着物の着付けに必要なものは?

424a503136c2f415aec237cd305c94c7_s
では、着付けに必要なものは何があるのでしょうか。

 ☆3歳の場合        ☆5歳の場合
⇒着物           ⇒着物    ⇒短剣
⇒被布コート         ⇒羽織    ⇒羽織紐
⇒袖なし襦袢        ⇒袴     ⇒腰ひも2本
⇒草履           ⇒角帯    ⇒お守り
⇒足袋           ⇒袖なし襦袢 ⇒サスペンダー
⇒腰ひも2本         ⇒草履
              ⇒足袋
              ⇒扇子

3歳の着付けと5歳の着付けでは必要なものがぐっと増えますね。

七五三で3歳の男の子の着物(被布)の着せ方

269257
それでは、3歳の男の子の着物の着せ方のご紹介をいたします。

 着物、被布コート、袖なし襦袢、草履、足袋、腰ひも2本を用意します。
 長襦袢を着せて、腰ひもを結びます。衿元はピッタリ合わせます。
着物を着せて、腰ひもを結びます。
裾はくるぶしくらいに合わせ、半衿は1~2センチほど出します。
被布を着せて、シワを整えて完成です。
参考動画:https://youtu.be/eylcWsvHpp4

長時間の着付けは特に難しい男の子!
簡単に着付けできたら、飽きないでじっと待っていてくれるはず!

スポンサーリンク

七五三の着物5歳の男の子の着付け方法

 
次は、5歳の男の子の着付け方法(袴羽織り)をご紹介いたします。

着物、羽織り、袴、角帯、袖なし襦袢、草履、
足袋、扇子、短剣、羽織り紐、腰ひも2本、お守り、サスペンダーを用意します。

袖なし襦袢を着せて衿元を首にぴったりと合わせるように、腰ひもで締めます。
着物を着せて下前から合わせます。半衿は1~1.5センチくらい出します。上前を合わせて腰ひもを腰の上あたりで締めます。
後ろの中心部分で、「て」の部分を約40センチ残し、帯を2周巻きし、ひと結びします。
「たれ」の部分を手に取って、15センチ幅ずつ中へ折り込んでいきます。
折り込んだ「たれ」は山折にして立体感を出します。「て」の部分を下から上に巻きます。残った部分を帯の間に入れます。
着物が袴より長くなりそうな場合は着物の裾をまくりあげて、帯に挟み込みます。袴をはかせます。
帯が1センチくらい見えるように袴を抑えます。前紐を後ろに回し、帯の結び目を抑えるように交差させます。
さらに前に持ってきた紐を向かって左側の位置で交差させて後ろに回します。
腰板についているへらを帯の間にはさみ、腰板を結び目の上に安定させます。
後ろ紐を前に回し、前紐の内側にクロスするように通します。
右側の紐を上から下にくぐらせます。さらに左側の紐を右にもってきてもう一度くぐらせます。
右紐を先に手に取り、7センチほどの長さで折りこんでいきます。
左の紐先を折りこんだ紐先の中心に上からまっすぐおろし、十文字になるように整えます。
十文字の横と縦が同じ長さになるようにしましょう。袴が長い場合やずれそうな場合はずれ落ち防止のサスペンダーを使用しましょう。
サスペンダーは帯ではなく、袴に取り付けるようにしてください。羽織を着せて、衿を折ります。末広や、懐剣を飾り、羽織り紐をつけて完成です。

3歳の時とはだいぶ雰囲気も変わり、男らしく見えますね!

七五三の着物に合う男の子の髪型はコレ!

 男の子の髪型って髪の長さによりますが、
短髪であれば、そのままでもいいですよね。
少し長めであれば、少しワックスなどで整えれば完成です。

ワックスをまんべんなく手になじませます。
髪の毛全体にワックスをつけます。
次に指を曲げる感じで、髪の毛にクシャッともみこみます。
襟足、耳周りを抑えて整えます。
前髪は斜めでもお好みで。最後に毛束感風に自然につまみます。

完成です。

難しくはないので、ぜひ挑戦してみてください。
美容院で、それほどセットしなくてもいいように短く切るのもオススメです。
ちなみに我が家の息子は短髪なのでそのまま派。笑

まとめ

2014-09-12_205535.jpg.pagespeed.ce.uHQ6d4rM8T
七五三は女の子のイメージも強いですが、
男の子も強く、健康に育ってほしいという願いを込めてお祝いするので、
ぜひ、袴、着物を着せてお祝いしてください。

先日、私自身も姉の結婚式で付け下げの着物を着ましたが、
ぐっと身の引き締まる感じがしてなんだかすがすがしい気持ちになりました。

我が家の子供たちも再来年にはなりますが、
息子と娘二人そろってお祝いするので、
2年後どんな感じに成長するのか、今からとても楽しみです。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る