子供の熱中症の症状って?なりやすい環境や予防・対策はコレ!

futta0751m

梅雨も明けてくると日差しが強くなり、
暑くて日陰を探しての移動になりますよね。

外出するときは、大人も子供も帽子必須!!そして、水分補給。
熱中症対策には代表的な予防策になります。

ですが、それらは外出のときの熱中症対策。
屋内でも熱中症にはなるのです。あまり、想像がつかないですよね。

そこで、熱中症になりやすい環境や症状と
なった時の対策や予防法をご紹介していきます。

スポンサーリンク

子供が熱中症になったときの症状とは

熱中症には、さまざまな症状があります。

☆熱失神…めまい、しっしん、顔面蒼白、脈拍が速く・弱くなるetc
☆熱疲労…脱水のために倦怠感やめまい、吐き気、頭痛etc
☆熱けいれん…足・腕・腹部の筋肉がけいれんし、痛むetc
☆熱射病…反応が鈍い、ろれつが回らない、意識がなくなる。最悪の場合、死亡につながることも。

これらを見て、今までは熱中症だとは思っていなかったような症状も、
もしかしたら熱中症の一つだったかもしれません。

しかし、熱中症は外で遊んでいるときだけになるものではないんです。
では、なりやすい環境はどんな環境なのでしょうか。

子供が熱中症になりやすい環境は?

熱中症になりやすい環境のイメージは何でしょうか。
日差しが強い、風が弱い、湿度が高い。
代表的な熱中症になりやすい条件ですね。

熱中症は外だけではなく、屋内でも起こりうるのです。
では、屋内ではどのような条件で熱中症になりやすいのか、
見ていきましょう。
   
☆25度以上の熱帯夜
 寝苦しい夜、ありますよね。熱中症は、睡眠中にも起こります。
それは、夜になって室温が下がらない中、
お風呂上りで体温が上がったまま睡眠をとってしまうと
熱中症になってしまう可能性があります。

氷枕などで頭を冷やしながら寝ると、
寝つきもよくなりますし、熱中症対策にもなります。

☆28度以上の閉め切った部屋
 エアコンの推奨される温度設定は28度。
ですが、送風や除湿設定でのこと。

熱中症は無風であり、湿度が高く、
気温が高いというのが熱中症の条件。
締め切った28度以上の部屋もNGですね。

スポンサーリンク

☆閉め切った車の中
エアコンを切って、窓もしめ、エンジンも止めた車内。
15分で50度以上になります。
よく、子どもが炎天下の車内に残されて熱中症にかかっていた…
なんてことニュースで見ますよね。

寝ていたので、起こすのがかわいそうといって
少しの用事でも閉め切った車の中に残しておくのは危険です。

子供が熱中症になった時の対策や予防法はコレ!

 
もし、子供が熱中症になってしまったときは、以下のように

まず、体を冷やします。そしてクーラーの効いた室内に移動させましょう。
近くになければ、日蔭の風通しの良い場所に移動します。

そして、衣服を緩めて、楽な姿勢でしばらく休ませてあげてください。

また、大きな動脈が通っているワキの下や首筋を保冷剤や氷で冷やします。
頭痛や吐き気の症状が出てしまったときは、
病院で点滴などの治療を受ける必要があります。

ほか、痙攣や意識障害が出た場合はすぐに救急車で病院で搬送し、
集中治療を受けなければなりません。

予防策の一つとして、牛乳もとても効果的です。
牛乳には塩分はそれほど含まれていませんが、
アルブミンというタンパク質が含まれています。

アルブミンは健康を保つばかりでなく若々しさや長寿にもつながる大切な物質です。
血液を増やす役割をするので、汗をかきやすくします。

牛乳が嫌いなお子様もいらっしゃると思います。
そんな時はヨーグルトやチーズ、飲むヨーグルトでも代用可能ですので、
是非試してみてくださいね。

子供は自分の限界を知らずに思い切り遊びます。
炎天下の中でも平気で走り回りますからね。

元気でうらやましい反面、
セーブが効かないために周りの大人が気を配らなくてはなりません。

私の息子は、中でも外でも思い切り走り回り、人一倍汗をかきます。
なので、必ず全身着替えを持ち歩いていて、水筒も必需品です。

タイミングを見て水分補給をさせたり、着替えをさせたり、
室内や日陰で遊ぶように促したり・・・時間で区切ってもいいですね。

まとめ

 一言に「熱中症」と聞くと帽子かぶる、
水分補給をしっかりとということが出てきますが、
熱中症にも種類があって、症状もそれぞれ違います。

外で元気に遊んでもらうためには、
体調管理をしっかりすること、そして、予防することがとても大事ですね。

夏に向けて、体も適応していこうとしています。
暑い夏を乗り越えるために、しっかりと体作りもしていきたいですね。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る